一番大切なものを伝えるために
必要な道具はどうにも重くて
届けたいものも 届けられない

声をかけるのが怖いから
強迫観念と焦燥が行き来して
横断歩道の真ん中で立ち往生してる

渡れる道路を渡ろうか
道は他にもあるんだし

背負うは心
歩くは一人
引きずりながら旅をして

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつでもどこかで、誰かが見ている。 それはきっと幸せなこと。 閲覧ありがとうございます。

よければマガジンも見てみてくださいね。
12

瞬間の詩

今この瞬間にしか作れない、光のような言葉たち。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録