責任をとってくれない人たち

悪性リンパ腫で入院中の radioya です。( ※ 2016/10/19追記:本日付けで無事に治療が終了し、退院いたしました )昨年の暮れくらいから頸部リンパ節の腫れを気にしながら仕事を続け、春先からは原因不明の咳に悩まされ、ゴールデンウィーク開けに診てもらったクリニックで「ちゃんと検査したほうがいい」と言われ、その後、悪性リンパ腫と診断されました。6月からはほぼ全ての仕事もお休みして、通院&入院による治療を続けています。

治療は基本的に「化学療法」。つまり「抗がん剤」ですね。6月からは定期的に通院しながら、点滴で抗がん剤を投与し、リンパ腫に存在するがん細胞を「寛解(ひとことで言うなら「悪さをしない状態」にすること)」させることに成功しました。その後の経過も順調です。ただ、この手のがんは「手術でとって終わり」というモノではないので、再発する可能性を下げるため、そして「根治」を目指すために、現在は「大量化学療法+造血幹細胞自家移植」という、名前だけ聞くとちょっと恐ろしい治療のために入院しているわけです。

さて、ここからが本題。

世の中には「声だけは大きいのに責任をとってくれない人」が山ほど存在します。「人工透析自業自得」の人を筆頭に、思いつきと勢いだけで、よかれと思って「問題提起」をした気になって満足している人たちがたくさんいます。これらの人たちに共通しているのは、「彼らは誰も責任をとらないし、とれないし、そもそも最初からとるつもりもない」ということです。元アナウンサーのニュースキャスターが責任を追及され、レギュラー番組を降板することになっても、別に発言の責任をとったことにはなりません。世の中を引っかき回して、周囲の人に迷惑をかけたことへのけじめをつけただけに過ぎないのです。

それでもまた、多くの人は思いつきと勢いだけで、よかれと思って「問題提起」をした気になって満足したがります。なぜならそれが「いいこと」「人のためになること」だと信じているからです。この病気になると、今まで他人事だと思っていたことが一気に「自分事」になってしまいます。その中でも多いのが、いわゆる「医者にかからずがんを治す」系のヤツです。「このがんは絶対切っちゃダメ」「抗がん剤は利権まみれ」「放射線治療は発がんリスクを高めるだけ」……と、まぁ、恐ろしい言葉が次々に、今まで以上の強さで目に入ってくるわけです。で、その先を読み進めると、「がんは熱に弱いので体温を上げるために熱いお風呂に入るべし。体温が1度上がれば免疫力は○○%アップする」「○○酸が豊富な○○油を料理に使ってデトックスを」みたいな話しか書いてない。で、「その論文を発表しようとしたら医療利権に握りつぶされた」とか「それでも周りの医者はみんなこの事実を認めている。隠蔽されている!」とか、まぁ、これまた漠然とした話で終わってるわけです。

この話の何が恐ろしいかって、こういった話を「善意」で広めている人には悪意の欠片もないということなんです。「いい話を聞いた!知人のがん患者に伝えなければ」「医療利権の悪を暴いて、困っている人に真実を知ってもらいたい!」と、まぁ本気で考えているわけです。

えー、ひとこと言わせてください。

責任とるつもりがないなら、素人は黙っていてください。

病気は人によってそれぞれ原因も症状も、対処すべき療法も変わります。無責任な人たちが言うことが本当なら、日本中に銭湯を増やして 45℃ くらいのあっつ〜いお湯にみんなで入れば、がんは撲滅できますね。身体にいい「○○油」も、最初は高くても頑張って大量生産すればみんなが安く買えるようになり、それによって寿命も延びて、日本の経済も活発になるわけです。

そして何より、日々患者さんと向き合っているお医者さんが、悔しい思いをすることもなくなります。もちろん、豊洲市場やオリンピックの例もあるように、利権にまみれた人たちも一定数存在するのでしょう。しかし、毎日患者さんの目を見て会話をして、その回復に全力を注いで身を削っているお医者さんの数のほうが多いのは明かです。

たったそれくらいのことに想像力をめぐらせることができずに、「抗がん剤は最初から直すつもりのない薬」「それよりも自然治癒力に頼った食事療法を」と、なぜ無責任に、自信満々に言えるのかがどうしてもわかりません。たまたまその人の体質や症状にあった対処法が適合すれば、もちろん自然治癒力も活かせることでしょう。でも、無責任にアドバイスする人たちは、血液検査の数値さえ知らずに、レントゲンやCTの画像さえ見ずに、そしてもちろん、医学の知識を何ひとつ持たないままで安易に「治療は何もしなくていい」と言い切るのです。これがどれほど恐ろしいことか、わかっていますか?

お医者さんや医療関係者は、少なくとも最大限の責任を持ちながら、最良の結果を導くためにその仕事を生業としています。もちろん、その中での限界や問題点もあるでしょう。でも、無責任に「医療が悪い」と言うだけで何もしない人たちのほうがはるかに悪質です。

口で思いつきの「立派っぽいこと」を言うだけで満足している人たちに、もう一度言わせてください。

責任とるつもりがないなら、素人は黙っていてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
135

radioya

ふむふむ

3つのマガジンに含まれています

コメント7件

私は自分が癌になったら抗がん剤はしない派だと思いますが実際癌に罹患すれば揺らぐと思います。癌にかかってそれが完治した方の中にも民間療法や様々な方法を模索し治ったという方もいらっしゃるのでしょうが末期的で医師からももう諦めてと言われたなら最後の砦として試したいと思うかもしれないとはいえ 抗がん剤での治療に携わる医療のチームワークや実際に執刀する医師に比べたら机上の知識と口先だけのメディア等はなんの重責も負わずに済む言いっぱなしに過ぎません
私は癌になれば自然に暮らして寿命を全うしたいと思ってはいますが真剣に向き合い治癒をしたい方々に向かって抗がん剤のリスクやいろんな事を一斉に口にする人達は 癌患者さんの為を想って言っているのだという無自覚の傲慢不遜があるからに過ぎないように感じます外野が『貴方の為を想って言ってあげてるのよ』なんてのは大抵そうではありません単に自分が言いたくて言っているだけに過ぎませんそこに責任なんてものが無いからこその発言で現場で闘っている方々や何よりも患者さん達からしてみればこんなリアリティの無い言葉はありませんあんた癌になってから言ってみろ!じゃなけりゃ黙ってなさい!増してやドシロウトなんだからと思うのは当然のことだと思います。
このエントリーの"素人は黙っていろ"という部分については、俺はそんな必要はないと思うのね。んなの、相手が素人だと思うなら、素人の意見など聞かずにプロの医療者の意見を聞けばいいだけなんだよ。そもそも、素人が医療に口出しするのは医事法違反だから度を越すと逮捕ということもある。再度書くけど、素人には責任がないから色々言えるわけ。逆に、医療者は責任があるから民間療法は否定する。癌だろうと民間療法をして、結果として治ることもあるだろうさ。ただ、民間療法で治ったのか他の要因で治ったのか証明できなければ医療者は民間療法を勧めるわけにはいかない。言ってみれば、民間療法を勧められるのは素人だから。だけど、素人には責任がないのだから、民間療法をやるなら自己責任でどうぞ、となる。医療者の言葉を信じるか、民間療法を信じるかは自己責任さ。医療者の場合は、医療ミスなどがあれば医療機関が責任を取らされる。
だから、「素人は黙っていろ」とは断じて思わない。素人は無責任に犯罪にならない限りは何を言ってもかまわない。それで、悪い結果になろうとも、素人の意見なんか信じた己が悪い。自己責任だよ。素人が医者のふりして診察という場合なら「素人が医者の真似するな!」と言えるわけ。素人が素人の立場で物を言う限りは自由だよ。そこだけは、このエントリーに同意しかねる。

「相手が素人だと分かっているならマトモに聞くなよ。素人の立場で言っていることを真に受けたなら自己責任だ」
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。