第1回千葉チャンピオンシップ:チーム戦(2016.7.17)

チーム名:マインドセット

A:なぐゆー B:EBT C:金欠

使用デッキ:霊峰バスター/赤緑黒青

4 x 霞み妖精ジャスミン

4 x フェアリー・ライフ

4 x 次元の霊峰

4 x 終末の時計 ザ・クロック

3 x 奇天烈 シャッフ

3 x ドンドン吸い込むナウ

2 x 単騎連射 マグナム

4 x 絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート

4 x 勝利のアパッチ・ウララー

4 x 蒼き団長 ドギラゴン剣

3 x 復活と激突の呪印

1 x 禁断~封印されしX~/伝説の禁断 ドキンダムX

1 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー

1 x 流星のフォーエバー・カイザー/星龍王ガイアール・リュウセイドラゴン

1 x ガイアール・カイザー/激竜王ガイアール・オウドラゴン

1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン

1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン

1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン

1 x アクア・アタック〈BAGOOON・パンツァー〉/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック

1 x 紅蓮の怒 鬼流院 刃/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ

-------

月初めに参加した志太CSから2週間、結局割に合うバスターしか触ってなかった。

今回はあれもこれもな欲張りリスト。解説は余裕があれば別で書こうと思うが、簡潔に言うならば≪ドンドン吸い込むナウ≫を火文明のカードに差し替えることを勧め、≪ヴォルグ・サンダー≫は≪不死身のブーストグレンオー≫で良いかもしれない。

バスターはバリエーションが豊富で、まだまだ伸びしろのあるデッキタイプなのは間違いない。

今回はチーム戦ということもあり、ハンデス+≪魔天降臨≫のデッキをほぼ割り切らせてもらった。

-------

■1R:プチョヘンザ/青緑白 先攻/〇

≪奇天烈 シャッフ≫宣言5で主力呪文を縛り、そのまま押し込む。

■2R:ジャックポッド/フルカラー 先攻(?)/〇

シャッフの縛りを失敗し、≪フェアリー・ミラクル≫で7マナ。

仕方なく≪絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート≫→≪蒼き団長 ドギラゴン剣≫→イーヴィルでブレイク、まさかの≪界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ≫なしでシールド0。

■3R:カウンターバスター/赤黒 後攻/〇

先にバスターを展開されてシールド0。

バスターセット+≪単騎連射 マグナム≫の状態で突っ込むも、≪革命の鉄拳≫+≪ボルシャック・ドギラゴン≫x2。鉄拳→単マグ後、ボルドギ→鉄拳。禁断開放寸前だったので実質負け試合。

■4R:バスター/赤黒青 先攻/〇

≪2/ブースト≫+≪次元の霊峰≫での最速コース。禁断&シールドに≪復活と激突の呪印≫x3と、ターンを返しても余裕がある状態でのバスターセットで押し切る。

残りの封印x3が呪印x3、通ってよかった。

■5R:ハンデス/青黒白 先攻/〇

割り切ったと言いつつも、初手の霊峰で≪永遠のエメラルド・リュウセイ≫が恋しい状態でゲームを進める。ハンデスx2のみだったので迷わずバスター、≪オリオティス・ジャッジ≫も≪光牙忍ハヤブサマル≫もなく押し切る。

-------

■PO1:サソリス/? 先攻/×

≪邪帝遺跡 ボアロパゴス≫x2の局面まで追い込まれるも、ループ要素は恐らくない。霊峰のサーチで禁断orシールドに≪終末の時計 ザ・クロック≫が確定、単マグ+イーヴィルをキープで待つもクロックは禁断側。

■PO2:レッドゾーン/赤青 後攻/〇

≪一撃奪取 トップギア≫に対しブースト、返しに≪4/コマンドSA≫→≪熱き侵略 レッドゾーンZ≫でイーヴィルが墓地へ。ブレイクのSトリガーが呪印と出来過ぎな展開だが、残念なことにバスターも霊峰もなし。

仕方なく単マグ追加でターンを返し、≪轟速 ザ・マッハ≫追加で求められるのはクロックorSトリガーx2、結果はまさかの後者でZ以外を処理。シャッフ追加で宣言4の単マグバスター。

■PO3:カウンターバスター/赤黒(iwata) 先攻/〇

iwata あべけん ザイル のチーム。

動画かカバレージがあるらしいのでそちらで、長年の友人となので気楽にゲームをさせてもらった。

■PO4:カウンターバスター/赤黒

G1:先攻/× 

数ターンでカウンター型濃厚。シャッフ宣言3で鉄拳を縛り、≪ウソと盗みのエンターテイナー≫を召喚される。イーヴィル追加のシャッフ宣言4でブレイク、まさかの≪禁断 V キザム≫で早々にゲームプラン崩壊。

もしキザムを確認できていれば、エンターを逆手に取ったイーヴィル+バスターのサイクル→封印剥がしを優先していたが、どのみちSトリガーで受けきれなかったので割り切る。

G2:先攻/〇

3ターン目までにブースト霊峰、イーヴィル+バスターまでは確定。トップギアなどの脅威となるアクションはなく、イーヴィル→バスターで先に叩く。

うる覚えだが返しも大きなアクションはなく、単マグを追加してイーヴィル→バスター。バスターダイレクト時の残りのアタッカーがイーヴィルのみ、革命0は鉄拳x1ボルドギx2、緊張もあったのかボルドギから選択で鉄拳→イーヴィルと、少し肩の荷が下りたゲーム。

G3:後攻/〇

本日最後のジャンケンに負けて後攻。Cの金欠は顔を下にむけ、BのEBTは無言で最終ゲームと、自分とEBTの両勝ちで優勝となる。

気になる初手は...クロックx2 霊峰x1 吸い込むx1 単マグx1。ノー赤黒多色+ノーブースト+後攻、最悪に近い組み合わせの手札でスタート。

トップギア→エンターに対し、赤黒多色をセットできた状態でクロックを召喚。最速イーヴィル+バスターとなれば目も当てられないが、無事にターンがもらい長考。吸い込む→エンターorシャッフ宣言4の2択に対し、ウララーがマナに2枚あるので手札を整えるためにも吸い込むを選択。返しが再度エンター召喚だったので、なんとかイーブンに近い状態に持ち直す。

カウンター1点狙いのプランを取るため、エンターを逆手にイーヴィル→バスター→ウララー→赤コマンド→破壊ウララー→赤コマンド、封印x4+バスター&ウララーが墓地へ。この時点でまだ1枚も見えていない呪印がシールドにあればほぼほぼ禁断開放と、理想的なゲーム展開。

丁度この辺りでEBTが勝利、考え過ぎていつも最後になる。相手のアクションがバスターセット→鬼龍院。Sトリガーは吸い込む、呪印が1枚も見えてないので、打点+裏目or安定で悩んだ末に対象はエンター。4枚目がクロックでターンを貰う。

場がクロックx2、セット後7マナ。ここまでのゲームでSトリガーの除去は見えていないものの、相手の封印が残りx3で、気掛かりなのはキザム+≪悪革の怨草士 デモンカヅラ≫。

禁断開放を避けては通れないので、バスターセット→≪ガイアール・カイザー≫→≪伝説の禁断 ドキンダムX≫。Sトリガーキザムで封印x2、ダイレクトをドキンダムorアパッチで悩んでいた場面で、まさかのボルドギなし宣言。

ホッとしたところでラストシールドを見ると呪印、それでもデモンカヅラでゲームエンドだったろうね。

■最終成績:8-1

-------

ラッキーで拾ったゲームは多く、最終的にはPO1ゲーム先取の恩恵を受けてしまったりと、言ってたらキリがないか。

≪不死身のブーストグレンオー≫、決勝全試合で活躍できたかもなんだよね。

P刃鬼以降のCSは手渡す側だったり、打ち上げやハンバーグのためにPイメン目前や確定をドロップしたりしていたので、実は初めて手にするサポートカードとなる。

せっかちなのでオラオラしながらも7-2のEBTと、沈んだときに拾ってくれた○×△◇の金欠には感謝。

お疲れ様でした、ありがとう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Ynaya

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。