牡丹華

真紅の薔薇を飾ろうか。
見切りで安くなっていた咲きかけの白い芍薬を買ってきた。白いベールが揺れるような、降りそそぐ月のひかりをきのうみた。
ふりまく白いひかりが似ている。
水切りをした途端、一本が呼吸をするように華ひらかせてその夜バサバサ音をたてて零れた。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

香名♠︎

その視線でなにを見つめてるのか気になる
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。