一月十三日

わたしのきょうの一時間を出迎えられて見送られた。たったひとりのいましかない一時間を。
三春のごちそうのあと、ちょっとはやめの小正月。

出迎えて見送る、ただそのくりかえし。
きっといつの瞬間も。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

香名♠︎

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。