過剰適応

過剰適応という言葉をこの間初めて知って「え!?これ私のことすぎる!!!!」と思いました。

小さい頃から家の外に出るととにかく明るくて面白くて真面目で素直な子を150%くらいの力で演じ、(でもこの時自分に演じてる、っていう自覚はないんだよね何故かそれが自然になってる。いい子ができちゃうんだよね。)そして家に帰ってきてもう死んだように魂抜ける子どもだった。とにかく外面がいい。

たぶん学校に行けなくなったのもいじめとか色々あったけど、なんかもう頑張れなくなったんだと思う。あとはいじめられた私を周囲の友達がどう見るか怖かった。もうザ・白か黒かの世界。

不登校克服した後も「不登校って過去を見せないようにしなきゃ!」って心のどこかで常に思っていて、明るく元気に真面目に素直に言われたことはきちんとこなして、もちろんずるや悪いことはせず、とにかく普通になるもしくはそれ以上になれるように頑張ってきた。だから本当いい子だったと思う。でも常に心は不安定で満たされなかったけど。

あと中学生頃から常にずっと思ってるのが「どんなことも最終的に物事を決めるのは自分、だから人のせいにしない、何が起きても全部自分自身のせい」っていうモットー。

これ自分で言うのもなんだけどすごい立派で大人な考えだとついこないだまで思ってたの。でもこれって正直すごく自分のこと苦しめてて、この考えって他人にはわりかし寛容になれるけど自分のことはどんどんどんどん苦しめていくのよね。だから周りの人にとったら私ってすごいいい人だと思う。嫌われるのとか怖いからキツイことも言わないし、何があっても「気づかなかった私が悪いよ〜」ってなって相手を責めるとかも一切ないし。そういえばそこにつけこまれて散々ストレスの発散口にされたこともあったなぁ。笑 でさ、ついこないだ「そんな何でもかんでも自分の責任だと思い込まない方がいいよ、真面目すぎるよ」って言われて、なんかすごい世界が開けたというか。笑 「え!?こんな私でも他人に責任転嫁してもいいの!?」みたいな。笑 私は常に自分に自信ないから、どんな時も自分が悪いって思ったり言うことで自分を守ってきたんだよね。それで誰かに「あなたのせいじゃないよ〜」って言ってもらって安心する、みたいな。でもそれって本当に自分のせいじゃなくても自分のせいって思い込むことですごい精神的ダメージを食らってたから、頭の中だけでも他人に責任転嫁する、っていうことでこれから心がだいぶ楽になれるのかもなぁって思った。

なんか支離滅裂だけどとりあえず過剰適応、って言葉を知れてなんか今までの私の行動を振り返れた。

ちなみに今新しい職場でも絶賛過剰適応中です。笑 疲れすぎて抜け殻。

きっとこれからもこの癖は直らないんだろうけど、なぁーんか少しでも生きやすくなりたいなぁ。

#日記  #転職 #愚痴 #過剰適応 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

らん

東京住み。いわゆるアラサー女。おしゃれと食べることと夏フェスとジャニーズが好き。ノリで生きていきたいな。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。