「奴隷は選択」発言のカニエによる内省と、カニエとキムの信頼関係。(Kanye West - "Wouldn't Leave")

Writer:@raq_reezy

今回は、カニエ・アルバムの最新アルバム『ye』から「Wouldn't Leave」を解読したいと思います。

本編に先立ち、前提となる背景を整理しておきます。

精神的な混乱などの問題からしばらく療養していたカニエは、今年の4月に入ってツイッターに復帰しました。

それからしばらくは、自身の思考をシェアしていましたが、トランプ大統領の選挙スローガンであった「Make America Great Again」のキャップの写真をツイッターに掲載したあたりから、炎上が始まりました。

トランプ大統領について、賛同する必要はないけれど、自分はトランプを愛しており、自分たちはドラゴンエネルギーを持っている兄弟だと発言。

トランプ大統領が非白人への攻撃的な発言を選挙期間中にたびたび行って人種間の分断を煽ったことや、法人税減税などの資本家優遇的な政策等もあって、ヒップホップ・コミュニティは全体的に反トランプの風が吹いている中でもあり、フランク・オーシャンやクエストラブなど、複数のアーティストがカニエへの反対意見を表明。

カニエを慕うシカゴの後輩であるチャンス・ザ・ラッパーは「すべての黒人が民主党支持者である必要はない」とカニエへの理解を示す発言しましたが、その後、軽率な発言であったと謝罪しました。

5月になると、そうした話題について話し合い、自分の考えを説明するために出演したTMZの番組におけるインタビューでは、カニエは自身が提唱する「Free Thinking(自由な思考)」を例える際に「奴隷は選択だった」という趣旨の発言をしてしまい、さらに炎上が広がる結果に。

そうした中で、カニエが仕上げたアルバムが今回の『ye』であり、この曲では、そうした状況が歌詞に取り込まれています。

さて、それでは内容を見ていきましょう。

(うわぁ、カニエだぁ!という内容になっているので、カニエが苦手な方はあまり読まない方がいいかもしれません)

コーラス(PARTYNEXTDOOR)

I don't feel that she's mine enough
God, I feel I couldn't have you windin' up
Butterfly in my wrist, you make me run out of my skin
And I don't feel like
And I know you wouldn't leave

【意訳】
俺は、彼女が十分に俺のものだと思えない
ああ、君を束縛することなんて出来ないんだ
俺の手首には蝶がいて、君は俺を肌から自由にしてくれる
俺は(君を束縛できるとは)思えないんだ
だけど、君は俺のもとから離れないって知ってるよ

カニエは、2014年にキム・カーダシアンと結婚しています。

キム・カーダシアンはリアリティ番組で有名になったセレブリティです。

2014年以降というのは、カニエが調子が悪くなっていった時期と重なります。音楽業界で多くの偉業を達成したカニエの製作意欲は音楽以外にも向かうようになり、アパレルへの進出を目指しましたが、排他的な業界の中で上手くいかずに、一時は53億円前後の負債を抱えたことを明らかにしました

2016年にはマーク・ザッカーバーグに対して、アイデアを実現するために、1億円を手助けしてくれるようツイッターで呼びかけましたが、返答はありませんでした。(後にフェイスブックではなく、ツイッターで呼びかけたのが失敗だったという笑いながら話しています)

さらには、カニエを発掘して世に出した長年の兄貴分で、一緒にアルバムを作ったこともあるJAY Zとの不仲も続きました

JAY Zが大株主でもある音楽ストリーミングサービスTIDALへの音楽配信に関する金銭的な揉め事や、妻のキム・カーダシアンがヨーロッパで強盗にあったときに連絡がなかったこと等に不信感が募り、2016年にはステージ上でJAY Zや家族への苦言を呈したこともありました。

一方で、JAY Zは、当時負債を抱えていたカニエのためにツアー契約にも保証人としてサインしていたようで、JAY Zを怒らせる原因ともなりました。JAY Zは昨年発売したアルバム『4:44』には、カニエに向けていると思われるディスも含まれていました。二人は昨年末には再び会話をする仲に戻っており、関係の修復が進んでいるということです。

このような不調続きの中で、カニエは、キム・カーダシアンに対して、自分と一緒に生きてくれるように束縛することは出来ないと感じていたのでしょう。

しかし、カニエとキムの間には、確かな夫婦の絆や信用があった様子が歌われています。

1バース目(Kanye West)

They say, "Build your own"—I said, "How, Sway?"
I said, "Slavery a choice"—they said, "How, 'Ye?"
Just imagine if they caught me on a wild day

この続きをみるには

この続き:5,519文字
記事を購入する

「奴隷は選択」発言のカニエによる内省と、カニエとキムの信頼関係。(Kanye West - "Wouldn't Leave")

洋楽ラップを10倍楽しむノート

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「洋楽ラップを10倍楽しむマガジン」を読んでいただき、ありがとうございます! フォローやSNSでのシェアなどしていただけると、励みになります!

ありがとうございます!励みになります!
1

洋楽ラップを10倍楽しむマガジン

「アメリカのラップをもう一歩、深く理解して楽しみたい!」 そんな方にぴったりの定額マガジンです。 洋楽ラップの歌詞を解読したり、背景を解説するような記事を、月に3〜5本ほどのペースで更新していきます。 一緒に洋楽ラップを楽しんでみませんか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。