お互いのことを赤裸々に話すサウィーティーとクエヴォ (Saweetie - "Tip Toes" ft. Quavo)

Writer: @vegashokuda

2019年ももうすぐ折り返しですね。上半期を振り返ると、若手のフィーメイル・ラッパーたちの活躍が目覚ましかったように思いますが、いかがでしょうか?

2019 XXL Freshman Classの候補者を見てみると、全80名のうち女性は18名。割合こそ大きくないものの、その顔ぶれを見てみると、アルバム『Fever』がComplex誌のランキングで上半期第10位に選ばれたミーガン・ジー・スタリオン(Megan Thee Stallion)、全曲1分のアルバム『Whack World』(2018年)が評価されてCoachellaにも出演したティエラ・ワック(Tierra Whack)、"Cash me outside"という発言で一躍有名になったのが懐かしく感じられるバッド・ベイビー(Bhad Bhabie)、個人的に注目しているハーレム出身のメリー(Melii)など、人気者・実力者揃い。リル・ヨッティー(Lil Yachty)も「2019年のXXL Freshmanは全員女性でいこう」とツイートしたほどです。

そんな中で、カリフォルニア州ヘイワード出身のサウィーティー(Saweetie)も忘れてはなりません。RIRIさんの「Patience」という曲に客演したことで、日本の音楽ファンにも比較的身近な存在なのではないでしょうか?

今回扱うのは、彼女が現在交際中であるミーゴス(Migos)のクエヴォ(Quavo)を客演に迎えた「Tip Toes」という曲です。二人でどんなことをラップしているのか、内容を見ていきましょう。

イントロ(Quavo)

Yeah
(Buddah Bless this beat)
Yeah
Ayy

【意訳】
イェー
(このビートにブッダのご加護がありますように)
イェー
エイ

*この曲をプロデュースしているのはブッダ・ブレス(Buddah Bless)です。名前の一部(Bless)を動詞として用いているこのタグ、センスありますよね。

1バース目(Quavo)

(このバースでは、クエヴォがサウィーティーのことを話しています。)

Let me tell you 'bout this chick from the West Coast
Light skin, baby hairs, but she do the most
She like to bounce that ass on her tippy toes
She even tried to make me eat her out before I stroke

【意訳】
ウェストコースト出身の、ある女の話をさせてくれ
ライトスキンで、産毛があるけど、何だってやる
彼女はヒールを履いてケツを揺らすのが好き
俺が挿れる前にケツを舐めさせようとまでしてきた

*「ライトスキン(light skin)」の"light"や「産毛(baby hair)」の"baby"という単語の語感とは裏腹に、彼女は「何だってやる(do the most)」のだそうです。

*"tippy toes"は「つま先の先端」あるいは「つま先立ちで歩く」という意味です。ここでは、つま先立ちも同然になるような高いヒールを履いてトゥワークする、くらいの意味で捉えればよいでしょう。

She get evil, deadly down her needle
Think I need her, treat her like Anita
Pricy little bitch, icy little bitch
Put it in her one time, now she fighting 'bout my dick

【意訳】
悪くなった彼女にうっかり近づくと怪我する
俺には彼女が必要だ アニタみたいに扱う
金の掛かる、冷酷な小娘
一度ヤったら、今じゃ俺のチンコのために喧嘩までする

*クエヴォはサウィーティーの危なさを"needle"(針)という単語を用いて表現しています。

*アニタ・ベイカー(Anita Baker)の曲に「Feel The Need」というものがあるので、2行目はそれに基づく表現かもしれません。

*4行目を見るかぎり、サウィーティーはクエヴォの虜になっているようです。

Brr (Hello?), now they callin' 'bout that shit
Had to throw some bitches off 'cause they tryna sink the ship
Her titties soft and that pussy got that grip
She said I spend it in the strip club, why can't I spend it here?

【意訳】
プルル…(もしもし?) 今じゃそのことで電話までしてる
俺をハメようとするビッチたちは振り払わなきゃならなかった
彼女の乳は柔らかくて、プッシーはよく締まる
ストリップ・クラブで散財するなら自分に使いなって言ってくる

*サウィーティーは、ストリップ・クラブ(やはりMagic Cityでしょうか?)で大金をばら撒くクエヴォを見て、そのお金を自分に使うよう求めます。

インタールード1(Saweetie)

South, nigga (Soft)
Hahaha, yeah

【意訳】
南部な(柔らかい)
ハハハ、イェー

2バース目(Saweetie)

(このバースでは、サウィーティーがクエヴォのことを話しています。)

I know this nigga from the South
Before I let him hit, I had to put it in his nose
Splish splash, uh-huh, pussy never on a drought
Put him in the doghouse then fuck up his bank account

この続きをみるには

この続き:3,702文字
記事を購入する

お互いのことを赤裸々に話すサウィーティーとクエヴォ (Saweetie - "Tip Toes" ft. Quavo)

洋楽ラップを10倍楽しむノート

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「洋楽ラップを10倍楽しむマガジン」を読んでいただき、ありがとうございます! フォローやSNSでのシェアなどしていただけると、励みになります!

ありがとうございます!励みになります!

洋楽ラップを10倍楽しむマガジン

「アメリカのラップをもう一歩、深く理解して楽しみたい!」 そんな方にぴったりの定額マガジンです。 洋楽ラップの歌詞を解読したり、背景を解説するような記事を、月に3〜5本ほどのペースで更新していきます。 一緒に洋楽ラップを楽しんでみませんか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。