ケンドリックに起用された北カリフォルニアのハードなギャングスタラップを読む。【前半】(SOB x RBE - "Paramedic!")

見事にビルボード1位を獲得した『Black Panther The Album』。

本作は、映画「ブラックパンサー」の公式サウンドトラックという位置づけで、現代を代表するラッパーとなったケンドリック・ラマーの仕切りのもとで製作されました。

ケンドリック・ラマーのレーベルTDEの仲間であるSZA、ScHoolboy Q、Ab-Soul、Jay Rockなどの面々に留まらず、アメリカのブラックミュージック界全体からもFutureやAnderson .PaaK、Travis Scott、The Weekendなど豪華な面々が勢揃いしています。

また、アフリカの音楽性を再現するために、Yugen Blakrok、Sjavaなど、アフリカのアーティストも参加しており、さらには、一緒にツアーを回っているJames Blakeまで参加しているという大盤振る舞い。

今回は、そんなアルバムの中から、北カリフォルニアでカミングアップ中のラップ・グループであるSOB X RBEを起用した"Parademic!"を見てみたいと思います。

イントロ(Kendrick Lamar + Zacari)

イントロは、ケンドリックの前作『DAMN.』にも参加していたZacariが歌っています。

I am Killmonger
No one's perfect
But no one's worthless
We ain't deservin' of everything Heaven and Earth is
But word is, good, (this is my home)

【意訳】
俺はキルモンガー。
完璧な人間なんていない。だけど、価値のない人間もいない。
私たちは、天と地が与えるべき全てを与えられてはいない。
だけど、言葉は素晴らしい。(ここが俺たちの家)

ここはネタバレになりますが、キルモンガーは、カリフォルニア育ちの殺し屋で、ブラックパンサーの敵役として登場します。

Images: Marvel

キルモンガーの父親はワカンダ王国の王家の血筋を引く国家スパイでしたが、自国以外の正義に関心を示さないワカンダ王国の在り方に疑問を呈し、ワカンダ王国の力の源であるヴィブレニアムをワカンダ王国から持ち出しました。それを当時の国王(主人公ティ・チャラの父親)に咎められますが、考えを変えずに、国王の部下を殺害しようとしたため、逆に殺されてしまいます。その結果、キルモンガーは父親なしで、憎悪を心に宿しながら、カリフォルニアのストリートで育つことになります。

この曲では、ケンドリックはこうしたカリフォルニアのストリート育ちの荒々しい心情を表現しようとして、北カリフォルニアの若手でハードなギャングスタラップをしているSOB X RBEを起用したのでしょう。

"Paramedic!"と救命救急士を呼ぶのは今回の映画のワンシーンでもあり、キルモンガーが映画内で初めて殺人を犯すシーンです。

Said no one's perfect, but no ones worth this
We ain't deservin' of everything heaven and Earth is
But word is, good (Northern California)

この続きをみるには

この続き:4,283文字/画像1枚
記事を購入する

ケンドリックに起用された北カリフォルニアのハードなギャングスタラップを読む。【前半】(SOB x RBE - "Paramedic!")

洋楽ラップを10倍楽しむノート

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「洋楽ラップを10倍楽しむマガジン」を読んでいただき、ありがとうございます! フォローやSNSでのシェアなどしていただけると、励みになります!

ありがとうございます!励みになります!
2

洋楽ラップを10倍楽しむマガジン

「アメリカのラップをもう一歩、深く理解して楽しみたい!」 そんな方にぴったりの定額マガジンです。 洋楽ラップの歌詞を解読したり、背景を解説するような記事を、月に3〜5本ほどのペースで更新していきます。 一緒に洋楽ラップを楽しんでみませんか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。