ケンドリックに起用された北カリフォルニアのハードなギャングスタラップを読む。【後半】(SOB x RBE - "Paramedic!")

writer:@raq_reezy

前回に続いて、SOB x RBEを見ていきたいと思います。

前編はこちらをご覧ください。

SOB x RBEは、幼い頃からの友だちであるYhung T.O.、Lul G、DaBoii、Slimmy Bの4人で構成されるクルーです。

北カリフォルニアの出身ですが、アトランタの音にも影響を受けたギャングスタラップを製作しています。

『Black Panther』では、おそらくキルモンガーの荒んだ心を表現するためにケンドリックに招聘されたものと思われ、「MARVELも絡んでいて、ケンドリックの監修するアルバムだから、言葉の規制も厳しくて、イケイケのギャングスタラップは出来ないのだろう」と思いつつもケンドリックに会ってみると「頭に浮かんだものをそのまま表現してほしい」と言われたので、いつも通りのラップをしたとインタビューで答えています。

自分たちのやっている音楽で、ケンドリックのアルバムに参加することになるとは思っていなかったので、本当にすごいことだとも述べています。

ということで、引き続き、SOB x RBEのイケイケのギャングスタラップを見ていきましょう。

3バース目(DaBoii + Kendrick Lamar)

California nigga and I'm heavy in these streets
If you don't keep a pole how you ready when it's beef
(If you don't keep a pole)
Lil nigga think he cut, yeah, I bet the nigga freeze
If that nigga want me dead, I can't let that nigga breathe

【意訳】
カリフォルニアのニガだ、ストリートでがっつりやってるぜ
銃をいつだって手にしてなけりゃ、争いにどうやって備えろっていうんだよ
小物が素早く動いてるつもりだろうけど、凍りつくことになるだろうよ
俺を殺したいとあいつが望んでるなら、俺だってあいつを生かしてはおけない

ここでは、自分を殺そうとしている相手なら、先に殺してやるという、殺るか殺られるかのストリートの緊張感が伝わってきます。いつ争いが起こるか分からないので銃を手放すこともないと。

Want me gone, sent a shot, like the real kind
These niggas actin' like they tough when they real kind
Thumbin' through a 100 racks just to kill time
They got a nigga at the edge, but I feel fine

【意訳】
俺に消えてほしいんだろ、本物みたいに銃をぶっぱなしてやった
こいつらはタフなふりをしてるけど、本当はナイーブなやつらだろ
1,000ドルの束を100個、数えて暇つぶし
あいつらは誰かを追い詰めてる、俺は平静さ

ストリートのギャングぶっているラッパーたちに対して、お前たちは本当は優しいやつらだろと挑発しています。その前の「real kind」が「リアルな類の奴ら」なのに対して、まったく同じ「real kind」で違う意味にしています。

racksはお金です。お金についてのスラングですが、1 rackは1,000ドルを束にしたものです。これを10個集めると、10,000ドルでstackになります。ちなみにrackを1,000個でbibleになるそうです(笑)。聖書のように分厚いということでしょう。

But it come with this shit, I'm okay with it
If your man's to his last share a plate wit' 'em
One whole wood to the neck, it's an eighth in it
New baby chop, let it sing, it's a Drake nigga

この続きをみるには

この続き:2,675文字/画像1枚
記事を購入する

ケンドリックに起用された北カリフォルニアのハードなギャングスタラップを読む。【後半】(SOB x RBE - "Paramedic!")

洋楽ラップを10倍楽しむノート

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「洋楽ラップを10倍楽しむマガジン」を読んでいただき、ありがとうございます! フォローやSNSでのシェアなどしていただけると、励みになります!

嬉しいです!解読のリクエストも受けております!
1

洋楽ラップを10倍楽しむマガジン

「アメリカのラップをもう一歩、深く理解して楽しみたい!」 そんな方にぴったりの定額マガジンです。 洋楽ラップの歌詞を解読したり、背景を解説するような記事を、月に3〜5本ほどのペースで更新していきます。 一緒に洋楽ラップを楽しんでみませんか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。