LogicがベテランMCを迎え、多様な視点からアメリカの問題点を浮き彫りに。【前編】(Logic - "America" feat. Black Thought, Chuck D, Big Lenbo, No I.D.)

Logicが2017年にリリースしたアルバム『Everybody』からは、人種や性的指向などのあらゆるステレオタイプから自由になることを歌う"Black Spiderman"、自殺防止を訴える"1-800-273-8255"が特に話題を呼びました。

上の2曲は特に注目されていると思いますが、『Everybody』には、他にも印象的な曲が並んでいます。特に、攻撃的なビートに乗せて、多面的にアメリカを見たコンシャスな曲"America"はアクの強い強烈な曲です。

Logic自身がインタビュー内で、この曲では多くのコンシャスでリリカルなラッパーたちも招いて、様々な視点からアメリカをどう見ているかを描いたと言っているように、トランプ政権下の今のアメリカに対する様々な想いが見てとれます。客演には、The RootsのメンバーであるBlack Thought、Public EnemyのメンバーであるChuck Dが迎えられています。

今回は、この曲を中心に、今のアメリカの様子を探ってみたいと思います。

さて、こちらの曲、なんと5バースほどもあり、とてつもなく長いので、2回に分けてお送りしたいと思います。

それでは、さっそく内容を見ていきましょう。

サビ

Hey mothafucka, I’m real as shit
Everything I’m talkin' 'bout real as, real as shit
Aw yeah, I’m back in this bitch
And you don’t gotta like it but get off my, off my
Hey mothafucka, I’m real as shit
Everything I’m talkin' 'bout real as shit
Aw yeah, I’m back in this bitch
And you don’t gotta like it but get off my dick

【意訳】
ヘイ、クソ野郎、俺はめちゃくちゃリアルだぜ
俺が言うことば全て超リアルな話なのさ
そうさ、俺がここに戻ってきたぜ
もし嫌いなら、俺に関わるのを止めな

「この曲はめちゃくちゃリアルだぜ」という内容が、セルフボースト風に歌われていますが、この曲の場合は、文字通り、本当にリアルな内容が並んでいるため、ダブルミーニングで捻りのある面白いサビとなっています。

1バース目(Logic)

1バース目を担当するのはLogicです。

Fight the power, fight the power
Fight for the right to get up and say fuck white power
Everybody come and get up, get on
And no matter what you fighting for I promise that it’ll live on

この続きをみるには

この続き:5,255文字/画像1枚
記事を購入する

LogicがベテランMCを迎え、多様な視点からアメリカの問題点を浮き彫りに。【前編】(Logic - "America" feat. Black Thought, Chuck D, Big Lenbo, No I.D.)

洋楽ラップを10倍楽しむノート

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「洋楽ラップを10倍楽しむマガジン」を読んでいただき、ありがとうございます! フォローやSNSでのシェアなどしていただけると、励みになります!

ありがとうございます!励みになります!
1

洋楽ラップを10倍楽しむマガジン

「アメリカのラップをもう一歩、深く理解して楽しみたい!」 そんな方にぴったりの定額マガジンです。 洋楽ラップの歌詞を解読したり、背景を解説するような記事を、月に3〜5本ほどのペースで更新していきます。 一緒に洋楽ラップを楽しんでみませんか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。