不器用なエミネムが、長い間、喧嘩を続けた母親に今、伝えたいこと。(Eminem - "Head Lights" feat. Nate Ruess)

今回は、少し古い曲ですが、エミネムで何か一曲というリクエストをいただきましたので、エミネムの「Head Lights」を解読したいと思います。

この曲を理解するためには、エミネムが母親と揉めてきた過去を知る必要があります。エミネムが主人公を演じた半自伝的映画「8 Mile」でも母親との喧嘩シーンは出てきますが、エミネムと母親の関係は良好とは言い難いものでした。のちに触れますが、エミネムは曲中でもたびたび母親を強烈に攻撃しています。

そんなエミネムですが、今となって母親に伝えたいことが、"Head Lights"には詰まっています。その内容を読んでいきたいと思います。

イントロ(Nate Ruess)

イントロはNate Ruessによって、エミネムの子どもの時期の、母親への抗議する気持ちが歌われています。

Mom, I know I let you down And though you say the days are happy Why is the power off and I'm fucked up? 

【意訳】
ママ、俺はあなたを失望させたよね。でも、あなたは毎日が楽しいという。
どうして電気が切れたの?なんで俺はめちゃくちゃなの?

And, Mom, I know he's not around But don't you place the blame on me As you pour yourself another drink, yeah

【意訳】
それでママ、あいつが俺たちを捨てて出て行ってしまったのは分かるけど、またお酒をもう一杯グラスに満たすとき、それを俺のせいにしないでくれ。

エミネムの父親は、エミネムが赤子のときに家を出て行ってしまっています

エミネムは母親との緊迫した親子関係をリリックに綴ってきたが、赤ん坊のときに姿を消したまま、一度も会ったことのない父親について語ることはあまりない。
「もし俺の子供たちが地球の反対側に行ってしまっても、俺は探すだろう」と彼は述べた。「絶対にそうするよ。金も何もなくたって、俺は子供たちを探し出す。そんなの言い訳にならないよ」。

エミネムの母親は、母子家庭でエミネムを育て上げましたが、その過程では精神が不安定になり、薬物中毒になりました。公共料金の支払いにも苦労したほか、エミネムにも、自分を必要とさせるために、薬物を摂取させていました。

エミネムは楽曲でそんな母親をたびたび非難してきており、母親とエミネムの関係はWikipediaによると、母親が名誉毀損でエミネムを相手に訴訟を起こすほどに、悪化していました。

1999年には、エミネムの母親が、The Slim Shady LPに含まれる歌詞中の彼女に関する中傷で約1000万ドルで彼を訴える。彼女は2001年に約1,600USドルを勝ち取った。

コーラス(Nate Ruess)

母親がエミネムにどのような仕打ちをしてきたかをイントロで再度確認した後、コーラスでは、この曲の主題が歌われます。

I guess we are who we are
Headlights shining in the dark night, I drive on
Maybe we took this too far

この続きをみるには

この続き:9,032文字/画像2枚
記事を購入する

不器用なエミネムが、長い間、喧嘩を続けた母親に今、伝えたいこと。(Eminem - "Head Lights" feat. Nate Ruess)

洋楽ラップを10倍楽しむノート

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「洋楽ラップを10倍楽しむマガジン」を読んでいただき、ありがとうございます! フォローやSNSでのシェアなどしていただけると、励みになります!

ありがとうございます!励みになります!
1

洋楽ラップを10倍楽しむマガジン

「アメリカのラップをもう一歩、深く理解して楽しみたい!」 そんな方にぴったりの定額マガジンです。 洋楽ラップの歌詞を解読したり、背景を解説するような記事を、月に3〜5本ほどのペースで更新していきます。 一緒に洋楽ラップを楽しんでみませんか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。