シカゴの女性ラッパーによる、妊娠の中絶を選んだ母親のための歌。(Noname - "Bye Bye Baby")

昨年2016年のアルバムになりますが、Noname(元 Noname Gypsy)の『Telefone』に収録されている”Bye Bye Baby”という曲を紹介します。

Nonameはシカゴ出身の女性ラッパーで、本名はファティマ・ワーナーといいます。もとは詩人であり、図書館で詩の朗読をしていたそうですが、チャンス・ザ・ラッパーの作品への参加などを通じて、世間にその名が知られていき、2016年にサウンドクラウドで10曲入りのアルバムを無料公開しました。

Noname 『Telefone』(SoundCloud)はこちら

聴いてみていただくと分かると思うのですが、ああ、チャンス・ザ・ラッパーの周辺だなと分かる、穏やかで落ち着きのあるサウンドになっています。子守唄効果も抜群かと思われます。

ちなみに、Nonameですが、今年2017年の10月に来日ライブが決定しています。(チケットぴあ

そんなNonameの『Telefone』は、全体的に落ち着いているものの、内容はドープな曲も収録されています。

今回は、Noname自身がお気に入りの曲だとインタビューでも述べており、Shiho Watanabeさんもプッシュされていた「Bye Bye Baby」を解読してみたいと思います。

1バース目

まずは1バース目を読み解いていきたいと思います。

1バース目は、ある女性の視点から描かれています。

【英語】
Interview, interlude in the nude with my boo thang
Got the flu with the tea remedy for my boo thang
My baby needs some milk and honey
My baby needs some milk and honey

この続きをみるには

この続き:4,315文字
記事を購入する

シカゴの女性ラッパーによる、妊娠の中絶を選んだ母親のための歌。(Noname - "Bye Bye Baby")

洋楽ラップを10倍楽しむノート

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「洋楽ラップを10倍楽しむマガジン」を読んでいただき、ありがとうございます! フォローやSNSでのシェアなどしていただけると、励みになります!

ありがとうございます!励みになります!
6

洋楽ラップを10倍楽しむマガジン

「アメリカのラップをもう一歩、深く理解して楽しみたい!」 そんな方にぴったりの定額マガジンです。 洋楽ラップの歌詞を解読したり、背景を解説するような記事を、月に3〜5本ほどのペースで更新していきます。 一緒に洋楽ラップを楽しんでみませんか?
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。