赤裸々なパーソナルライフや感情を歌って共感を呼ぶ、SZAを解読する。(SZA - "Supermodel")

今回は、TDEから女性R&BシンガーのSZAを解読していきたいと思います。

紆余曲折を経て、レーベルがハードドライブを持っていくという形で、2017年6月に発売にたどり着いた『Ctrl』。

So who decided it was finished? “They just took my hard drive from me. That was all. I just kept fucking everything up. I just kept moving shit around. I was choosing from 150, 200 songs, so I’m just like, who knows what’s good any more?”
誰が完成だって判断したの?
「彼らは、私のハードドライブを持っていったの。それが全てよ。私は、ずっと何もかもをダメにしてた。ずっと迷走してたの。150から200くらいの曲から選んでた。だから、もうどれがいいか分からないって感じだったの。」

そんなパターンもあるのかという感じですが、アルバムの内容は素晴らしく、「すごく良い」という意見をよく聴きました。とにかく歌声が本当にいいです!

さて、インタビューなどを読むに、SZAは、どうも物事が固まってくると、気分が移ってしまう気質なのでしょうか。FNMNLが紹介しているインタビューでは、音楽活動を始めた頃について、以下のように振り返っています。

「『あなたの奴隷になるくらいなら死んだほうがマシ』とか『手首を切って注意を引く』とか、そんなことを歌ってた。自分自身になりたいと思って。学校を中退したり、お金を浪費したり、彼氏にお金と時間の無駄だと思われたりして、両親をがっかりさせてた。誰かに属してるような気がしてた。」

落ち着くべき場所に落ち着きそうになると、「誰かに属してるような気がして」、そわそわとしてしまうのかもしれません。アルバムタイトルの『Ctrl』(コントロール)も、本当は自分の人生をコントロールしたいけれど出来ないというのが由来だということです。

そんな自由奔放なSZAですが、アルバムでも自由にあけすけに歌っています。

今回は、アルバムの1曲目「Supermodel」を解読したいと思います。

イントロ

That is my greatest fear
That if, if I lost control
Or did not have control, things would just, you know
I would be… fatal

【意訳】
それは、私が一番恐れていること。
私がもし、コントロールを失ったら。
もしくは、コントロールできていなかったら。
それって致命的でしょ。

イントロでは、さっそく「コントロール」について語られています。

自分のコントロールを失うことに対する恐れ。

この曲では、自立した女性とは反対の、相対的な関係に依存しがちなSZAの生き方が、そのままに歌われています。

ヒップホップ周辺といえば「インディペンデントな女性」を褒め称えるイメージが強いですが、どうやらこの曲は一風変わっているようです。

1バース目

I'm writing this letter to let you know
I'm really leaving
And no, I'm not keeping your shit

この続きをみるには

この続き:3,298文字
記事を購入する

赤裸々なパーソナルライフや感情を歌って共感を呼ぶ、SZAを解読する。(SZA - "Supermodel")

洋楽ラップを10倍楽しむノート

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「洋楽ラップを10倍楽しむマガジン」を読んでいただき、ありがとうございます! フォローやSNSでのシェアなどしていただけると、励みになります!

嬉しいです!解読のリクエストも受けております!

洋楽ラップを10倍楽しむマガジン

「アメリカのラップをもう一歩、深く理解して楽しみたい!」 そんな方にぴったりの定額マガジンです。 洋楽ラップの歌詞を解読したり、背景を解説するような記事を、月に3〜5本ほどのペースで更新していきます。 一緒に洋楽ラップを楽しんでみませんか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。