「ドラッグ・ユーザーの音楽」と呼ばれた、今のヒップホップが志向するライフスタイルとは。(Post Malone - "Rockstar" feat. 21 Savage)

ヒップホップは、常に時代の風を取り込んで、進化してきました。たとえば90年代には、マフィア映画の影響を受けたラップスタイルが流行りました。常に新しいスタイルが出て来るのもヒップホップの面白さだと思います。

そういった視点で見れば、最近のヒップホップシーンの大きな変化としては、「ドラッグ・ディーラー」としてのリアルさを訴える内容から、「ドラッグ・ユーザー」としてのライフスタイルを歌うスタイルへの移行があげられるのではないかと思います。

先日、ベテランのヒップホップMCが「ドラッグ・ディーラー」としての音楽を「ドラッグ・ユーザー」としての音楽よりも質が高いとする風潮に対して、人気の若手ラッパーである21 Savageが疑問を呈していました

その内容は以下のようなものです。

They say we make drug user music like making drug selling music is better what's the difference?

(彼らは、まるでドラッグディーラーの音楽の方が優れているというかのように、俺たちがつくっているのはドラッグユーザーの音楽に過ぎないというけれど、一体何が違うっていうんだ?)

If the message in the previous generation of rap was so good why did so many of our parents abandon us for crack? Why we still killing each other? Don’t use us as the scapegoat.Our music is a reflection of what’s going on in our community and all we doing is using our talent to escape that community.

(もしも前世代のラップのメッセージがそんなに優れてたっていうのなら、どうして多くの親世代がコカインのために俺たちを見捨てたっていうんだい?どうして俺たちは未だにお互いを殺しあってるっていうんだい?俺たちをスケープゴートに使うんじゃねえよ。俺たちの音楽は、いまの俺たちのコミュニティで起きていることを反映させたものなんだ。俺たちはそのコミュニティから、自分たちの才能を使って抜け出そうとしているだけなんだ。)

コカインのようなドラッグは商品であるため、それに手を出すというのは、ドラッグディーラーとしては二流三流でしょうから、昔のMCがドラッグユーザー音楽を下に見るのは分からないでもありません。

しかし、21 Savageが言う通り、彼らが書く歌詞には時代が反映されているはずです。そこで、今回はPost Maloneが21 Savageを客演に迎えたヒット曲"Rockstar"を参考に、今の世代がつくるヒップホップの世界観を見てみたいと思います。

サビ

そもそもロックスターというのは「ドラッグを売る側」ではなく、「ドラッグを使う側」のことが多いでしょう。そういった意味では、ロックスターにシンパシーを感じて主題として取り入れるといった面でも、世代の感覚の違いを見てとることができます。

I've been fuckin' hoes and poppin' pillies
Man, I feel just like a rockstar (star, ayy, ayy)
All my brothers got that gas
And they always be smokin' like a Rasta (-sta)

この続きをみるには

この続き:5,317文字/画像3枚
記事を購入する

「ドラッグ・ユーザーの音楽」と呼ばれた、今のヒップホップが志向するライフスタイルとは。(Post Malone - "Rockstar" feat. 21 Savage)

洋楽ラップを10倍楽しむノート

350円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「洋楽ラップを10倍楽しむマガジン」を読んでいただき、ありがとうございます! フォローやSNSでのシェアなどしていただけると、励みになります!

ありがとうございます!励みになります!
1

洋楽ラップを10倍楽しむマガジン

「アメリカのラップをもう一歩、深く理解して楽しみたい!」 そんな方にぴったりの定額マガジンです。 洋楽ラップの歌詞を解読したり、背景を解説するような記事を、月に3〜5本ほどのペースで更新していきます。 一緒に洋楽ラップを楽しんでみませんか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。