JAY-Zの歌う投資話を解読する。(JAY-Z - The Story of O.J.)

記念すべき第1回としては、ブログでも触れたJAY-Zの「The Story of O.J.」を解読していきたいと思います。

「The Story of O.J.」は、JAY-Zの最新アルバム『4:44』に収録されている一曲です。『4:44』は、浮気したことを妻のビヨンセに謝罪する曲を朝の4時44分に書き上げたことから名付けられたタイトルとなっています。

さて、そんなアルバムに収録されている「The Story of O.J.」は、一般的なヒップホップのイメージとは少し異なっています。なぜなら、JAY-Zがこの曲でラップしていることは、不動産や絵画への投資の話だからです。

この曲を楽しむためには、そもそもJAY-Zがいかなる人物なのかということを知っておく必要があるでしょう。

ということで、さっそくJAY-Zという男の解説から、始めていきたいと思います。

JAY-Zの成功

JAY-Zは1969年に生まれており、小さい頃からラップをしていましたが、本格的に音楽活動を始める前は、ドラッグの売人でした。売人として、類い稀な商売の才能を開花させたJAY-Zは、北はNew Jerseyから、南はVirginiaまで、東海岸で幅広く商圏を広げていました。

そんなJAY-Zが音楽活動を真剣に始め、1stアルバムをリリースしたのは、彼が25歳のときです。当時、デモテープを送っても各レーベルから契約してもらえなかったJAY-Zは、仲間のデイモン・ダッシュとともに、自らロカフェラ・レコーズを立ち上げます。

ドラッグビジネスで商売の才能を磨いていたJAY-Zは、音楽ビジネスでも成功し、その躍進に目をつけたヒップホップの名門レーベルDef Jamは、ロカフェラ・レコーズの株式の半分を約150万ドル(1億5,000万円ほど)で買い取ります。こうして、JAY-ZはDef Jamの強力な支援を受けながら、自らのレーベルをますます発展させ、その資産価値を向上させていきました。このように、JAY-Zは幸か不幸か、単なるアーティストではなく、資本主義における起業家として成功し、資産家となったのです。(このあたりはブログにも書いていますので、お時間があれば読んでみてください)

JAY-Zはその後、KANYE WESTなどを発掘してヒットを飛ばし、ついにはDef Jam本体のCEOを務めるまでにビジネスマンとして成功します。現在では、服ブランドのロカウェアや、ソフトバンク下のスプリントとも提携した音楽ストリーミングサービスTIDALなど、様々な会社に投資あるいは経営しています。

このような資本家であるJAY-Zだからこそ、書けたであろう曲が、今回の「The Story of O.J.」なのです。

前置きがだいぶ長くなってしまったので、歌詞の解読に入りたいと思います。

サビ

まずはサビです。

Light nigga, dark nigga, faux nigga, real nigga
Rich nigga, poor nigga, house nigga, field nigga
Still nigga, still nigga

この続きをみるには

この続き:6,308文字
記事を購入する

JAY-Zの歌う投資話を解読する。(JAY-Z - The Story of O.J.)

洋楽ラップを10倍楽しむノート

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「洋楽ラップを10倍楽しむマガジン」を読んでいただき、ありがとうございます! フォローやSNSでのシェアなどしていただけると、励みになります!

ありがとうございます!励みになります!

洋楽ラップを10倍楽しむマガジン

「アメリカのラップをもう一歩、深く理解して楽しみたい!」 そんな方にぴったりの定額マガジンです。 洋楽ラップの歌詞を解読したり、背景を解説するような記事を、月に3〜5本ほどのペースで更新していきます。 一緒に洋楽ラップを楽しんでみませんか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。