ニプシー・ハッスル、過酷な現実や友人の死を歌う。(Nipsey Hussle - "Racks in the Middle" feat. Hit-Boy & Roddy Ricch)

Writer:@imamole_

“All this money, power, fame and I can't make you reappear.”
 — Nipsey Hussle

「この全部の金、権力、名声を使っても、
 俺はお前をこの世に連れ戻すことは出来ない。」

3月31日、自身が地元クレンショーに構える洋服店「The Marathon Store」の前で射殺され、ニプシー・ハッスルが33歳の若さで亡くなりました。この場を借りてご冥福をお祈りいたします。

ギャングとして生業を立てていた時代から、音楽で名声を得るまでの経験を通して語られる教訓は、彼のコミュニティから世界にまで大きな影響を与えていました。

今回は、ラジオフレンドリーな曲でありながら、彼独自の労働倫理も語られている、『Racks in the Middle』を解読していきます。

Nipsey Hussle
"Racks in the Middle" Featuring Hit-Boy & Roddy Ricch
Produced by G-Dav, Corbett & Hit-Boy

イントロ(Roddy Ricch)

(Hit-Boy)
Yeah, yeah, yeah, yeahYeah, yeah, yeah, yeah
Yeah, I was ridin' ’round in the V-12 with the racks in the middleI
was ridin' 'round in the V-12 with the racks in the middle
Yeah, yeah, yeah, yeahAy

【意訳】
イェー、イェー、イェー、イェー
イェー、イェー、イェー、イェー
イェー、大金と一緒にV-12を乗り回してた
大金と一緒にV-12を乗り回してた
イェー、イェー、イェー、イェー
エイ

*「racks in the middle」は、目的地の途中で銀行で下ろしたお金か、賭けなどの何らかで得たお金を指していると捉えられます。

TMZ.comより

*V-12は、V型12気筒エンジン搭載車の略称。

*Staples Centerにおけるニプシーの公開葬儀の後、彼の地元で葬列が行われました。上記が葬列の巡回ルート。実際に110 FreewayからPico Streetに向かっている最中に、霊柩車の背後にいた2、3番目の車内からお金が撒かれていたそうです

<行進の様子がわかるビデオ>

コーラス(Roddy Ricch)

I was riding ’round in the V-12 with the racks in the middle
Had to pray to almighty
God they let my dog out the kennel
When you get it straight up out the mud, you can't imagine this shit

【意訳】
大金と一緒にV-12を乗り回してた
万能の神に、俺の仲間を牢屋から逃すように祈らずにはいられなかったんだ
自立してちゃんとやっていけるようになると、こんなことは想像もつかなくなる

I been pullin' up in the drop tops with the baddest bitches
Young nigga been focused on my check (Mhmmhm)
Got a new coupe wrapped around my neck (Mhmmhm)

【意訳】
最高級の女たちとスポーツカーで地元をふらつく
幼い連中は俺の現金をずっと狙ってる(ンフーム)
新品の高価なチェーンを首に飾った(ンフーム)

*ロディの地元は、南カルフォルニアに位置するコンプトン。ロディはクリップスに所属するギャングの一員です。

*車のクーペは相場が200〜300万程度なので「首にクーペを巻いている」は、「そのくらい高価なゴールドチェーンが首元にかけられている」と捉えられる比喩です。実際にロディがいつも身につけているプレート仕様のチェーンは印象的です。

Tryna put the water on my Patek (Mhmmhm)
I got killers to the left of me (Mhmmhm)

【意訳】
パテックを湯で沸かす(ンフーム)
俺の左側には殺し屋が構えてる(ンフーム)

*Patek Philippeはスイスの時計ブランドです。

1バース目(Nipsey Hussle)

We was lurking on 'em, ain't show no mercy on 'em
We was goin' back to back, we put a curfew on 'em
It was dark clouds on us, but that was perfect for us
We know you always crash and burn, but it was working for us

この続きをみるには

この続き:4,376文字
記事を購入する

ニプシー・ハッスル、過酷な現実や友人の死を歌う。(Nipsey Hussle - "Racks in the Middle" feat. Hit-Boy & Roddy Ricch)

洋楽ラップを10倍楽しむノート

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「洋楽ラップを10倍楽しむマガジン」を読んでいただき、ありがとうございます! フォローやSNSでのシェアなどしていただけると、励みになります!

嬉しいです!解読のリクエストも受けております!
1

洋楽ラップを10倍楽しむノート

洋楽のヒップホップを深く楽しむための、様々な情報をお届けしますので、ぜひフォローしてください! ・ヒップホップに関するニュースは、無料のマガジン「洋楽ラップを10倍楽しむニュース!」 ・ラッパーたちの歌詞の世界を深く知りたい方は、月額880円の「洋楽ラップを10倍楽しむマガジン」

洋楽ラップを10倍楽しむマガジン

「アメリカのラップをもう一歩、深く理解して楽しみたい!」 そんな方にぴったりの定額マガジンです。 洋楽ラップの歌詞を解読したり、背景を解説するような記事を、月に3〜5本ほどのペースで更新していきます。 一緒に洋楽ラップを楽しんでみませんか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。