「力」をテーマに二人のリリシストがバースを交わす【後編】 (Rapsody – Power feat. Kendrick Lamar)

writer: 奧田 翔

今回も前編に引き続き、Rapsodyの“Power”のリリックを解読していきます。

2バース目

Power up with the word
I got it from my God
He said a good shepherd don’t trip over what they heard

【意訳】
言葉でパワーアップ
神から聞いたんだ
善き羊飼いは耳にしたことで騒がないって

ここでは“heard”が「群れにする」という意味の“herd”と同じ発音であることを利用した言葉遊びが展開されています。3行目の解釈は以下の2通りです。

(1)神は人々が口にすることをいちいち気にしたりしない

“good shepherd”は直訳すれば「善き羊飼い」ですが、これが転じて善良な牧師→イエス・キリストとなります。

(2)優秀な羊飼いは群れにする羊に躓いたりしない

“good shepherd”を文字どおりに捉え、最後の単語を“herd”と捉えた場合の解釈です。

Let ‘em talk the talk until the night you choose to go and purge
I came up when the rest of you struggled and failed to flourish

【意訳】
吐き出すその夜まで奴らには喋らせておけばいい
残りの奴らが苦労して花開けないなか、私はここまできた

“purge”には「(下剤で腸を)空にする」という意味があります。思いの丈を“shit”(「ウンコ」、スラングで「曲」)にして出し尽くす、といった意味で捉えればよいでしょう。

Conversations with florist
She said I’m good as herbs
Get ‘em high, get ‘em high from the hood to the suburbs

【意訳】
花屋と話してたら
私がハーブ並みだって言ってくれた
フッドから郊外までハイにするんだ

“florist”には文字どおり「花屋」の意味もありますが、“herb”つまりウィードを扱う「売人」と考えることもできます。Rapsodyは、自らの音楽をウィードに喩え、人々を良い気分にさせると言っています。

そして、ここまでの内容を踏まえるならば、Rapsodyがこのバースで語っている「力」は、彼女をはじめとして選ばれし者たちが持つ言葉の「力」なのではないでしょうか。

No one can take your power even if a storm occurred
It ain’t man-made, but whether or not you paid don’t help or hurt
It’s a perk

この続きをみるには

この続き:6,256文字/画像2枚
記事を購入する

「力」をテーマに二人のリリシストがバースを交わす【後編】 (Rapsody – Power feat. Kendrick Lamar)

洋楽ラップを10倍楽しむノート

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「洋楽ラップを10倍楽しむマガジン」を読んでいただき、ありがとうございます! フォローやSNSでのシェアなどしていただけると、励みになります!

嬉しいです!解読のリクエストも受けております!
2

洋楽ラップを10倍楽しむマガジン

「アメリカのラップをもう一歩、深く理解して楽しみたい!」 そんな方にぴったりの定額マガジンです。 洋楽ラップの歌詞を解読したり、背景を解説するような記事を、月に3〜5本ほどのペースで更新していきます。 一緒に洋楽ラップを楽しんでみませんか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。