友人を亡くしたVic Mensaが綴る、治安が悪化するシカゴの現実(Vic Mensa - "Heaven on Earth")【後編】

前編では、PlayaTuner誌のある記事を紹介し、シカゴの治安悪化と、それを取り上げて有名になったYoutuberのDJ Akademiksなどの問題を考えた上で、Vic Mensaについての簡単な紹介と、1バース目の解読を行いました。

1バース目は、大麻の運送中に襲われて亡くなったグラフィティ・ライターの友人Cam a.k.a. DAREに向けて綴られた、Vic Mensaからの手紙という形式になっていました。興味がある方は、ぜひ前編もお読みいただければと思います(笑)。

さてさて、今回は、後編ということで、2バース目および3バース目の解読を行いたいと思います。

2バース目は、今度はあの世のCamからVic Mensaへの返事の手紙という形式が取られています。もちろん形式なので、中身はVic Mensa自身が書いており、Vic Mensa自身の考えが反映されていると考えて良いでしょう。

そして、3バース目では、Vic Mensaは、さらに違った人物を語り部として登場させています。一体、誰が登場するのでしょうか。

それでは、さっそく解読に入っていきたいと思います。

2バース目

What up lil' Vic? It's your big bro
Been a while man, what's good though?
I see you on the road like 10-4
I ain't surprised I knew you was gonna kill em tho

【意訳】
Lil’ Vic、調子はどうだ?お前のビッグ・ブラザーだぜ。
ご無沙汰だったな、最近良いことはあったか?
メッセージを受信したみたいに、お前を道中で見かけるよ。
でも、驚いちゃいないぜ、お前が勝つのは分かってたからね。

2バース目は、先ほども書いたように、亡くなった友人のCamから、Vic Mensaへの返事という形式をとっています。

ここでは、まずVic Mensaへの挨拶とともに、Vic Mensaがラッパーとして成功したことを祝福しています。「10-4」というのは、メッセージを受信したというコードのことで、そこから転じてスラングとして「了解した」といった意味があるようです。この場面では、どのような文脈になるのか少しわかりにくいのですが、とにかく、よく見かけるようになったというくらいの意味合いでしょう。

I heard your song "Holy Holy"
That shit really touched me you was just a little bony homie
To see you in front of thousand of people
Screaming my name, man that shit did a lot for me
Sometimes heaven gets lonely

この続きをみるには

この続き:8,650文字/画像3枚
記事を購入する

友人を亡くしたVic Mensaが綴る、治安が悪化するシカゴの現実(Vic Mensa - "Heaven on Earth")【後編】

洋楽ラップを10倍楽しむノート

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「洋楽ラップを10倍楽しむマガジン」を読んでいただき、ありがとうございます! フォローやSNSでのシェアなどしていただけると、励みになります!

ありがとうございます!励みになります!

洋楽ラップを10倍楽しむマガジン

「アメリカのラップをもう一歩、深く理解して楽しみたい!」 そんな方にぴったりの定額マガジンです。 洋楽ラップの歌詞を解読したり、背景を解説するような記事を、月に3〜5本ほどのペースで更新していきます。 一緒に洋楽ラップを楽しんでみませんか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。