友人を亡くしたVic Mensaが綴る、治安が悪化するシカゴの現実(Vic Mensa - "Heaven on Earth")【前編】

7月に発売された、シカゴ出身のラッパー、Vic Mensaのアルバム『The Autobiography』、PlayaTuner誌によると有名YouTuberのDJ Akademiksとの確執がひとつの原因となり、セールス的には苦労しているようです。

とても考えさせられる記事なので、リンク先をぜひ読んでいただきたいのですが、内容を簡単に要約すると以下のようになります。

シカゴでは治安が非常に悪化しており、それはシカゴのラップシーンにも影響を与えています。DJ Akademiksは、その様子をゴシップ的にYoutubeで報道することで知名度をあげてきました。

ただの情報発信の動画ではなく、「◯◯というラッパーが、誰々をディスったから殺害された」等といった、非常に詳細情報が多い動画たちであった。報道やマスメディアのニュースのような真面目な感じではなく、皮肉や風刺が聞き、ジョークを挟みながら発信していったものだ。その動画シリーズのなかには、シカゴ出身のVic Mensaが小さい頃から仲良くしていたラッパーたちも含まれていた。

このようにして、ドリルと呼ばれるシカゴのトラップ・ヒップホップ・シーンは世界的に注目を浴びましたが、DJ Akademiksをはじめとした外部の人たちが注目して盛り上げ、ある側面ではゴシップ的に消費したことで、シーン内での暴力が過激化したとも言われています。

DJ Akademiksのラジオインタビューで、そのことに話題が及んだとき、Vic Mensaが怒りを露わにしました。

Vic:そういう意味ではお前の顔を引っ叩きたいと思ってるよ。お前のような人たちが、あのバイオレンスをセンセーショナルなものに仕立てようとして発信して、その現状をネタにしてファンを獲得したんだ。毎日近い人たちが殺されているなか、全くシカゴと関係ないお前が面白おかしく、人の死や交友関係を詳細まで発信してるんだ。お前にそんな権利があるのか?

こうなると、ゴシップ消費がメインになりつつあるアメリカのヒップホップシーンでは、「今度はVic MensaとDJ Akademiksがビーフだ!」ということで、Vic Mensaがどこのメディアやラジオに出演しても、DJ Akademiksとのビーフの話題ばかりで、作品をプロモーションすることが充分に出来ていないというのです。

もちろんデビューアルバムをリリースするということで、Vicはこの後多くのメディアやラジオに出演した。しかし世間が興味ある内容は、あいにく必ずしも「音楽そのもの」ではない。このような一大ビーフなどがあると、ラジオやメディアのインタビューの話題は、この確執についてで持ち切りになる。アーティスト同士の確執であれば、音楽の話になってくるので、プロモーションにもなるであろう。しかし今回彼はユーチューバーという「作品そのもの」とは一切関係のない人とビーフしているため、充分なプロモーションが出来ていないと感じる。確執について話していても、作品のセールスには結びつかないのだ。

そんなVic Mensaですが、ありのままに、時に感情的に、過去の経験や事実を歌い上げるラッパーで、ゴシップではなく、その音楽によって、もっと注目を集めるべきラッパーだと僕は思います。

DJ Akademiksとの一件にも通じる曲ということで、アルバムから、シカゴでグラフィティライターのCamという友人を失ったVic Mensaの気持ちや、シカゴのストリートの現実が、手紙形式で臨場感をもって描かれている「Heaven on Earth」という曲を解読していきたいと思います。(今回も長いので、前編と後編に分けてお送りしたいと思います。)

前編では、解読に入る前に少しだけ、Vic Mensaというラッパーについて説明して、1バース目を解読します。後編では、2バース目と3バース目を解読します。

この続きをみるには

この続き:4,977文字/画像3枚
記事を購入する

友人を亡くしたVic Mensaが綴る、治安が悪化するシカゴの現実(Vic Mensa - "Heaven on Earth")【前編】

洋楽ラップを10倍楽しむノート

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「洋楽ラップを10倍楽しむマガジン」を読んでいただき、ありがとうございます! フォローやSNSでのシェアなどしていただけると、励みになります!

ありがとうございます!励みになります!

洋楽ラップを10倍楽しむマガジン

「アメリカのラップをもう一歩、深く理解して楽しみたい!」 そんな方にぴったりの定額マガジンです。 洋楽ラップの歌詞を解読したり、背景を解説するような記事を、月に3〜5本ほどのペースで更新していきます。 一緒に洋楽ラップを楽しんでみませんか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。