友人たちと恋人へ—スターダムにのし上がる前のJ. Coleが宛てた言葉。(J.Cole - "Hold It Down")【前編】

written by @vegashokuda

フィーチャリング無しでリリースしたアルバムがプラチナムを達成してしまう
ほどの人気ラッパーも、そのつい5年前には、Twitterのフォロワーが502人になったことを喜んでいたのだから、人生何があるか分かりません。

ヨー、フォロワーが502人になったぜ! 他のほとんどのラッパーにとってはきっと多くないだろうけど、「フォロー」ボタンを押してくれた一人ひとりに感謝するよ。

今回解読するのは、そんなJ. ColeがRoc Nationと契約して間もない頃にリリースしたミックステープ『The Warm Up』(2009年)に収録されている“Hold It Down”です。

タイトルの“hold it down”にはスラングで「レペゼンする」などの意味もあるようですが、ここでは「頑張る」「持ちこたえる」くらいの意味が適切かなと思います。この曲では1ヴァース目と2ヴァース目が友人、3ヴァース目が恋人に宛てられています。

個人的には構成・メッセージともに、Coleが大ファンだと公言している2Pacの“Unconditional Love”を下敷きにしているのではないかと感じます。御多分に洩れずこの曲もCole自身がプロデュースしているようで、センチメンタルなビートの上でColeの誠実な言葉が映える一曲です。

なお、この曲の解読にあたっては、前編と後編の2回に分け、今回は1バース目とフックの中身を見ていきたいと思います。

1バース目

If my heart stop pumpin’ tomorrow don’t feel no sorrow
‘Cause life is hard mentally and everything is meant to be
Sometimes I ask myself if I was gone who will remember me
It's hard to tell, oh well, sit back and sip this Hennessy

【意訳】
俺の心臓が明日拍動を止めても、悲しくなんかない
だって人生は精神的にキツいし、全部がそう
時々、俺が逝ったら誰が憶えてくれるか自問するんだ
難しいから、ゆっくり座ってこのヘネシーでも啜ろう

このように内省的かつネガティブなリリックで始まります。ここで2Pacのリリックにも頻出の「ヘネシー」が出てくるあたりが、Pacにインスパイアされた曲なのではないかと感じるもう一つの理由でもあります。Coleが上のように考える背景には、次のようなことがあるようです。

Now lately it’s been hard to tell my friends part from my enemies
‘Cause plenty niggas show me love but in they hearts they envy me
Why? I’m just a nigga from around the way
Told my momma I’d make it happen and I found a way

この続きをみるには

この続き:2,153文字
記事を購入する

友人たちと恋人へ—スターダムにのし上がる前のJ. Coleが宛てた言葉。(J.Cole - "Hold It Down")【前編】

洋楽ラップを10倍楽しむノート

350円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「洋楽ラップを10倍楽しむマガジン」を読んでいただき、ありがとうございます! フォローやSNSでのシェアなどしていただけると、励みになります!

嬉しいです!解読のリクエストも受けております!
2

洋楽ラップを10倍楽しむマガジン

「アメリカのラップをもう一歩、深く理解して楽しみたい!」 そんな方にぴったりの定額マガジンです。 洋楽ラップの歌詞を解読したり、背景を解説するような記事を、月に3〜5本ほどのペースで更新していきます。 一緒に洋楽ラップを楽しんでみませんか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。