ケンドリック、同調圧力に流される人間の姿を描く。(Kendrick Lamar - "Swimming Pools(Drank)")

writer:@raq_reezy

今、アメリカのヒップホップシーンを代表するラッパーは誰かと考えたとき、Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)を外すことは出来ないでしょう。

メジャーデビュー作『Good Kid M.a.a.D City』で話題を掻っさらい、2ndアルバム『To Pimp a Butterfly』、3rdアルバム『Damn』では、ビルボードで最高1位を獲得しています。『Damn』に至っては、2017年にテイラー・スウィフトのアルバムの次に最も売れたアルバムだと言われています。

ケンドリックは、圧倒的なラップスキルを持つラッパーであり、またGameが「西海岸のNas」と評したように、優れた物語を語るストーリー・テラーでもあり、多くのラッパーやリスナーから尊敬を得ています。

とはいえ、これまで、本マガジンではケンドリックを取り上げて来なかったので、ケンドリックを取り上げるにあたり、まずは彼をメインストリームに押し出した『Good Kid M.a.a.D City』からのシングル曲"Swimming Pools"を見てみたいと思います。

この"Swimming Pools"という曲は、ケンドリックが子どもの頃に大人たちがお酒に溺れていた様子を見てきたことにインスピレーションを受けて製作された曲であり、曲中では今度は自分自身が大人になったケンドリックが、もっと派手にお酒を飲むようにと煽られて、頭の中で葛藤している様子が描かれています。

「お酒を飲むかどうか、葛藤するだけの曲??」と思われるかもしれませんが、実はこの曲は、先述の『Good Kid M.a.a.D City』の中で、重要な立ち位置を占めている曲でもあるのです。

なぜなら、『Good Kid M.a.a.D City』は、コンプトンという多くの若者がギャングに入ってしまう街で、その同調圧力を受けながらも、音楽の道を進んで成功するK.Dotという少年についての物語を描いた、半自叙伝的なアルバムになっているからです。

つまり、お酒をもっと飲めと言われて葛藤するケンドリックという構図は、コンプトンという街で育つ中で、お前も仲間に入れよ、悪くなろうぜ、という誘惑や同調圧力を受けて葛藤するケンドリックとの比喩にもなっていると考えられます。

そうしたことを踏まえた上で、曲の内容を見ていきたいと思います。

ブリッジ

Pour up (drank), head shot (drank)
Sit down (drank), stand up (drank)
Pass out (drank), wake up (drank)
Faded (drank), faded (drank)

【意訳】
注いで(酔っ払う)、ショットを煽る(酔っ払う)
座って(酔っ払う)、立ち上がって(酔っ払う)
意識が飛ぶ(酔っ払う)、目を覚ます(酔っ払う)
意識が薄れる(酔っ払う)、意識が薄れる(酔っ払う)

過激に飲むパーティーがどのような様子かを端的に描いています。

とにかく記憶が飛ぶまでアルコールを煽っているのが伝わってきます。

1バース目

Now I done grew up 'round some people livin' their life in bottles
Granddaddy had the golden flask
Backstroke every day in Chicago

この続きをみるには

この続き:5,037文字
記事を購入する

ケンドリック、同調圧力に流される人間の姿を描く。(Kendrick Lamar - "Swimming Pools(Drank)")

洋楽ラップを10倍楽しむノート

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「洋楽ラップを10倍楽しむマガジン」を読んでいただき、ありがとうございます! フォローやSNSでのシェアなどしていただけると、励みになります!

ありがとうございます!励みになります!
1

洋楽ラップを10倍楽しむマガジン

「アメリカのラップをもう一歩、深く理解して楽しみたい!」 そんな方にぴったりの定額マガジンです。 洋楽ラップの歌詞を解読したり、背景を解説するような記事を、月に3〜5本ほどのペースで更新していきます。 一緒に洋楽ラップを楽しんでみませんか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。