グレーな空の向こうの従兄弟に宛てたSabaの手紙

writer: @vegashokuda

「死ぬまでにどうしてもやっておきたいこと(bucket list)は?」と訊かれたら、あなたは何と答えるだろうか。

Chance the Rapperの回答は「ドラムの演奏を学ぶこと」である(ドラマーはモテるから、というのが理由らしい)。MLBで殿堂入りを果たしたBilly Williamsにとってのそれは「東京の屋上でサッカーをすること」だそうだ。Lupe Fiascoは「ノーベル賞を獲ること」と答えた。

上記の答えはいずれも、彼らと同じくシカゴ出身で現在23歳のラッパー(=Saba)が2016年10月にリリースしたアルバム『Bucket List Project』で明かされるものだ。

当時22歳の作品のテーマが「死ぬまでにやっておきたいこと」だなんて奇異に響くかもしれないが、その治安の悪さから“Chiraq”(“Chicago”と“Iraq”からなる造語)の別称を持つ、シカゴのゲトーの現状に鑑みれば、納得できるものだろう。

改善の兆しはみられるものの、同市では昨年1年間だけでも650人が殺人事件で命を落としており[1]、そこに暮らす人々にとって「死」がどれだけ身近にあるかは想像に難くない。

それでも、当時のSabaには、自身が所属するクルー(=Pivot Gang)のメンバーでもある従兄弟のJohn Waltがその650人のうちの一人になるなんて、想像できていなかっただろう。

(Saba, 『CARE FOR ME』)

「グレー」に託された意味

Sabaが4月5日にリリースした最新作『CARE FOR ME』にテーマカラーがあるとすれば、それはグレーだ。アートワークからしてその色はグレーだし、彼が本作で扱っている種々のテーマにもグレーが似つかわしい。

例えば“BROKEN GIRLS”では希薄な男女の関係性がテーマとなっており、そこに色があるとしたら、それはグレーだろう。

We go ‘til you done or my penis sore
Sleep with the TV on then we don’t speak no more

【意訳】
君がイくか俺のペニスが痛くなるまでヤる
テレビを点けっぱで寝て、あとは何も話さない

“LIFE”では自分を取り巻く、望みを持ちにくい(グレーな)環境を以下のように表現している。

この続きをみるには

この続き:3,115文字
記事を購入する

グレーな空の向こうの従兄弟に宛てたSabaの手紙

洋楽ラップを10倍楽しむノート

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「洋楽ラップを10倍楽しむマガジン」を読んでいただき、ありがとうございます! フォローやSNSでのシェアなどしていただけると、励みになります!

ありがとうございます!励みになります!
3

洋楽ラップを10倍楽しむマガジン

「アメリカのラップをもう一歩、深く理解して楽しみたい!」 そんな方にぴったりの定額マガジンです。 洋楽ラップの歌詞を解読したり、背景を解説するような記事を、月に3〜5本ほどのペースで更新していきます。 一緒に洋楽ラップを楽しんでみませんか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。