マフィア的な世界観のラップを大成させたJAY-Zのデビューアルバムを味わう。(JAY-Z - "Can't Knock the Hustle")【後編】

前回は、「マフィア的な世界観のラップを大成させたJAY-Zのデビューアルバムを味わう。(JAY-Z - "Can't Knock the Hustle")【前編】」と題して、Mafioso RapやJAY-Zの出てきた背景を説明しました。

そして、ドラッグ・ディーラーならではの1バース目を味わいました。

今回は、2バース目と3バース目を読んでいきたいと思います。

それでは、引き伸ばさずに、さっそく参りましょう!

2バース目

Last seen out of state where I drop my sling
I'm deep in the South kicking up top game

【意訳】
ニューヨーク州の外で最後に目撃されたときには、ドラッグを届けて、スラングをドロップしてた。
南部深くまで進出して、高価なドラッグとラップを運んでたのさ。

state(州)は、JAY-Zの生まれ育ったニューヨーク州のことでしょう。

JAY-Zの"運び屋"としての活動範囲は、前編でも触れたように、ニューヨーク州にとどまらないもので、南はバージニア州やメリーランド州まで運んでいました。「南部深く」というほどの位置ではないですが、JAY-Zは後に本の中で、「ニューヨークで生まれ育った人間からすると、州を出ると、ちょっとした距離でもすごく遠くに感じるもんだ」と述べています。

"drop my sling"のslingはドラッグという意味ですが、JAY-Zはslang(スラング)とも聞き取れる発音でラップをしており、ドラッグを届けるだけではなくて、ラップの腕も同時平行で磨いていたということを歌っています。

Bouncing on the highway switching four lanes
Screaming through the sunroof, money ain't a thang

【意訳】
高速道路をぶっ飛ばして、四つの車線を行き来する。
サンルーフを開けて、「金なんて、何でもねえぜ!」って叫ぶのさ。

「money ain't a thing」は、お金をたくさん稼いだために、お金への執着がなくなった様子を叫んでいます。「金なんて、こんなもんか!」というイメージです。ちなみに、"Money ain't a thang"は、後にJAY-Zが曲のタイトルにも用いています。

Your worst fear confirmed
Me and my fam roll tight like The Firm
Getting down for life, that's right, you better learn
While I play with fire, you burn

この続きをみるには

この続き:5,360文字/画像3枚
記事を購入する

マフィア的な世界観のラップを大成させたJAY-Zのデビューアルバムを味わう。(JAY-Z - "Can't Knock the Hustle")【後編】

洋楽ラップを10倍楽しむノート

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「洋楽ラップを10倍楽しむマガジン」を読んでいただき、ありがとうございます! フォローやSNSでのシェアなどしていただけると、励みになります!

ありがとうございます!励みになります!
1

洋楽ラップを10倍楽しむマガジン

「アメリカのラップをもう一歩、深く理解して楽しみたい!」 そんな方にぴったりの定額マガジンです。 洋楽ラップの歌詞を解読したり、背景を解説するような記事を、月に3〜5本ほどのペースで更新していきます。 一緒に洋楽ラップを楽しんでみませんか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。