noteだからこそ出来ること、書けること、書きたいこと

ふと、noteに何か書いてみたいと思い立った。

なぜ急にそんなことを思い立ったのか。
そもそもアカウント取っていたことすら忘れていたというのに、何が私にそうさせたのか。

きっかけなんて大したことではない。些末なことだ。単に、最近Twitterでもnoteでマガジンを作っている人が増えてきている。
そんな人たちの記事を読んでいくうちに、なんとなく自分もやってみたいという気持ちが湧いてきたのだ。理由なんてそんなものである。

さて、何を書こうか?

私は既に本館ブログ「Luminous Tale.」、Mediumに作っている別館ブログ「Fluorite-Ray.」、そしてメルマガ「Luminous Piece. -思考のカケラ-」を運営している。

それぞれで書く内容は違っている。
本館ブログにはライフハック系を、別館ブログには心に浮かんだ語りごと系を(長らく更新停止しているが)、メルマガには日常的な雑記と思考メモと執筆ログを。
なんとなく棲み分けがなされている。いつの間にか、そうなっている。
意識してそうしたのはメルマガだけだったはずなのだが。

だったら、もしnoteに書くとしたら、これらのどこにも書いていないジャンルではないか。

そして、noteではクリエイターに対する金銭支援が可能である。
記事に価格設定をして有料記事にしたり、価格設定だけして全文を無料公開し「気に入ったら寄付をお願いします」という形の投げ銭記事にすることもできる。
さらに、記事の末尾に寄付ボタンを設置することができる「サポート機能」も存在する。

そう、noteでは手軽にコンテンツを通して支援を受ける仕組みを作ることができる。
ということは、だ。
せっかくnoteでやるのなら、クリエイターとして「この人を支援したい」と思ってもらえるようなコンテンツを配信したい。そういうコンテンツを生み出せるようになりたい。
そう思うわけである。

以上の点から考えてみると、私がnoteで書く記事内容としては「創作」「考察(主に宝塚歌劇)」になるな、と。
いずれも既存のブログ等には書いていなかったジャンルだし(後者は過去には本館ブログで書いていたが、今はもう書かなくなった)、私らしさもクリエイターらしさもあるんじゃないかと。

元々私は創作も考察も大好きである。もちろん、宝塚も。
というか、そっちが本業というか、私という人間が生み出すモノはそういう系だよなという自負がある。
それを表現したくてブログを始めたはずだったのに、いつのまにか迷走してしまった。私はどこにいったのだ。

だから、ここらで一旦戻ってみよう。原点回帰、原点回帰。

私のスローペースな書き物は今に始まったことじゃない。
私のスタイルは、見たもの感じたものを言語化し、あるいは溢れ出す言葉を受け取り、ひとつの文章に織り上げること。
だからすぐには仕上がらない。何日も何週間もかけて、ひとつの作品を作り上げる。
それが私のやり方。本館ブログとかまさにこれだね。

だからここでの更新ペースも、不定期ということにする。というかそうなるだろう。例によって。
毎日配信するのはメルマガだけ。それでいい。

もちろん、その時の気分その他諸々次第では連続して更新することもあるかもしれないし、この人ちゃんと生きているのか?って思われるぐらい長期にわたって更新停止しているかもしれない。
でもそこまで含めて自分の心の赴くままにしたい。本来、私はそうであるから。
実際過去にも本館ブログ半年間更新停止していたことが2回ほどあったし。

そういえば創作に関してはカクヨムにも書いてきたけれど、あれはどうも、単発のSSは書きにくい。連載が前提となっているからかもしれない。
いずれは連載したい小説ネタを抱えているけれど、なかなか始める段階には至っていない。というか、私は単発SS書く方が向いている気がする。

そのあたり、noteなら書きやすい気がしている。一作品一ページ。
SS書くならやっぱりこれだ。複数ページはいらないのである。

それから宝塚に関する記事。
数年前、本館ブログを始めてすぐの頃は観劇感想記事を書いていたけれど、そのうち疲れてしまって。
というか、私の観劇スタイルって「真ん中を見ない」「全体より個別に集中」なので、どうしても果てしなくニッチな感想というか考察しか書けないのである。

だったらいっそ、がっつり考察という形で書いたらいいじゃないか。
もう本館ブログには宝塚の話は書かないと決めたけれど、やっぱり書きたい。私にしか書けないマニアックなものを。

なんとなく、そういうものを書くならnoteかなと思った。
noteに何か書いてみたいと思った時に、最初に思い浮かんだのがこれだった。宝塚考察。
Twitterの鍵アカで考察ツイートはやっていたが、もっとがっつり書ける場がほしい。ちょうどいいじゃないか、これも作品だ、と。

宝塚の話に関してはあらかじめ述べておきたいこと(注意書き的なもの)があるから、追々別途記事作るかな。
ちなみに考察記事自体はぼちぼち書き始めていたりする。

ああ、書いていたら、Mediumに作ってある別館、noteに移したくなってきた。
noteでは過去日付の記事は作れないようだから、これからは別館の記事をここnoteで書くことにして、過去分はリンクを貼っておこうかな。
「Fluorite-Ray.」という名前は残したいから、これはこれでマガジン化するかね。

というわけでMediumに作っていた別館ブログ「Fluorite-Ray.」はこちら。→ https://medium.com/fluorite-ray

そんなこんなで、これからnoteで、別館ブログ「Fluorite-Ray.」、ならびにSS中心の創作系記事、宝塚中心の考察系記事をそれぞれマガジンとして書いていこうと思う。
本館ブログとメルマガは従来通り続ける方針で。

今後ともどうぞよろしくお願いします。
いずれもゆうるりと更新していくつもりなので、応援してくださると嬉しいです。

それにしても、見出しとか設けずに延々と書いていくの、やっぱり気持ちいいな。
こっちの方が性に合っている気がする。
本館ブログはもう、見出し作って構成しっかり組み立てて、ってスタイル崩せなくなったからな。時にはこっちで自由に書いていきたい。

#雑記

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

有難うございます!励みになります。
2

水撫月 怜香

Fluorite-Ray. 【別館ブログ】

ブログ「Luminous Tale.」の別館。Mediumより移転。諸々思うままに語るなど。不定期更新。

コメント3件

楽しみです。
ありがとうございます!ぼちぼち更新していく予定ですので気長に見守ってくださいますと幸いです。
四葉さんはじめまして!楽しみにしてくださりありがとうございます。少しずつ書いておりますのでゆるりとお待ちいただけますと幸いです。よろしくお願いします!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。