【ベト日記9】外国暮らしで、自分の「日本度」を何%にするか。

※全文無料です。(マガジンの都合で有料表示になっています)


ベトナムに住んでから、
「あ、自分の中の『日本濃度』は、自由に変えられるな」
という感覚になることがある。

他の国/街はどうかしらないが、ホーチミンは外国人が多く、また日本人も1~2万人住んでいる。

だから外国人向け(or日本人向け)のインフラが発達しており、無理して何もかもベトナマイズせずとも、生活することができ、その「ベトナム/日本度合」は、自分の手でカスタマイズできるのだ。

たとえば食事。

ホーチミン中心街は、外国人向けのレストランが多く、各国料理を食べることができる。
また、デリバリー(Ubereatsみたいなやつ)がとても発達しており、自宅に居ながらあらゆる食事を注文することができる。

だから、金さえかければ、まったくベトナム料理を食べないことも可能だ!

(カフェ飯にハマる私。一食500~700円ぐらい。)

元々ベトナム料理大好きな私は、はじめは90%ぐらい現地食を食べて暮らしていたのだが、半年くらいして、ベトナム料理に爆裂に飽きてしまった。
そのため、最近は50%ぐらい現地食、あとの半分は、和食、洋食のデリバリーやレストラン通いをしている。

(現地食。1食100~150円。)

現地食だけを食べていれば一食約100円、単純計算で一ヶ月約9000円で済むのだが、外食とデリバリーのお陰で食費は2~3万円になっている。
が、背に腹は代えられない。「飽き」は避けられない。

前にも書いたが、日本人は単一の国の料理を食べ続けることができない民族だと思う(というか私はそうだ)。
和食ですら、毎日食べてたら飽きる。
和食、フレンチ、イタリアン……日常的にいろいろ食べるのが日本的な食生活だと思う。

(ていうか、ベトナム人って毎日ベトナム料理しか食べないけど、なんで飽きないんだろう??)

他のインフラも同様である。

髪も、日系美容院に行って日本人に切ってもらうこともできるし、
家も、日本人ばかり住んでいる日本人街のマンションに住むこともできる。
割高になるのを気にしなければ、日本人向けスーパーに行けば、日本のものはたいてい手に入れられる。

日本語でベトナム語を教えてくれる学校もあるし、日系の病院も、学校も、エステも、ジムもある。テレビすら、工事すれば日本の番組を見ることができるらしい。

そんな中、キーになってくるのは「金」だろうなと思う。

(これは路上美容院。1回250円ぐらいらしい)


現地採用と呼ばれる、ベトナムで面接を受けてベトナムで働いている日本人だと、月収が10万円を切ることもあり、それだと日本人or外国人向けのインフラを使うことは現実的ではなくなる(単純に高いからだ)。
必然的に、現地食を食べ、ローカルゾーンに住むという選択肢に絞られていくだろう。

(もちろん、それが本人の本意なら全く不幸ではない)

逆に、日本の会社から辞令をもらって数年間現地に滞在する、いわゆる「駐在員」だと、日本の正規の給料プラス海外手当がつく(20代でも15万円とかつくらしい)。物価の安い国で、日本以上の収入を得るから、相当リッチな暮らしが出来ることになる。そういう人なら、日本度99%で暮らすことも可能だし、実際そういう人もいるだろう。

気になる人のために書くと、私の収入はこんな感じである。

・本業は、日本語教師(契約社員?)。一日実働4時間ぐらいで月収9万
・副業は、ライター観光ガイド 月収4~5万
・あわせて13~14万ぐらい

ベトナム人の月収平均が4~5万円といわれている中では、かなりリッチである。気分的には東京で月収28万円ぐらいの暮らしをしている感覚だ。

収入的にも待遇的にも、現地採用と駐在員の、丁度中間だ。

私は「外国に来てまでわざわざ日本の会社で働きたくねー」と思うので、この「半社員、半フリーランス」みたいなフラフラなポジションには満足している。

(私の日本語教師業は、オフィスなし、同僚無し、一人でホーチミンに派遣され大学で授業し、たまに社長とスラックで連絡とるだけの、ノンストレスな環境である。下手したら数週間、日本語ネイティブと話さないこともある)


そんな私の「日本度」は、多分30%ぐらいだ。


自分にとって都合の良いものだけ「日本」のサービスを使い、あとは安価で手っ取り早いベトナムのサービスを使う。


『自分の中の「日本度」を選べる』というのが、ホーチミン暮らしの面白いところだなあと思う。


※SNSや芸術、人付き合いなどのソフト面については、次回の日記で。


※参考URL 私のベトナム暮らしの家計簿が分かる記事。



今日のベトわん。



渋澤怜(@RayShibusawa

※今日は気まぐれに無料全文公開にしてみました。今月中にマガジン購読すると、今月の有料記事も全部読めるので、気が向いた方は購読してみてください。

▼ ● ▲ ▼ ● ▲

おすすめエッセイ https://note.mu/rayshibusawa/m/mb0d4bde3bf84

おすすめ創作 https://note.mu/rayshibusawa/m/m70e04479475e
ベトナムの話 https://note.mu/rayshibusawa/m/m4c9d2d8a3d83

ホーチミンの観光案内・ローカルスポット案内・日本語授業見学承ります https://traveloco.jp/loco/RayShibusawa

#日記 #エッセイ #コラム #生き方 #暮らし #生活 #海外 #ベトナム #アジア #東南アジア #ホーチミン #海外暮らし #海外生活 #海外在住 #海外移住 #ライフスタイル #外国 #食 #食事 #日本 #日本人 #お金 #家計 


この続きをみるには

この続き:0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
1記事100円ですが、マガジンも同額の100円です。マガジン購入すれば、その月の記事が全部読めるようになるので、お得です。あと、個人的にうれしいです。

ベト日記

月額100円

ホーチミンで日本語教師・ライターをしながら暮らす渋澤怜の日記■内容は、現地の生活や、外国人として暮らすことでの気付き、ベトナム語や日本...

または、記事単体で購入する

【ベト日記9】外国暮らしで、自分の「日本度」を何%にするか。

渋澤怜🏮🐃🦐ベトナムなう

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキを押すと、短歌を1首詠みます。 サポートされると4首詠みます。

「新聞に載れば翌日ゴミになる」「それなら僕はゴミ箱になろう」
18

渋澤怜🏮🐃🦐ベトナムなう

レイシブです✒『言葉で遊んでいる人』📚東大卒→ライター見習→ホーチミンで日本語講師&物書き業なう🗾日本語が好きすぎるので「距離を置いている」🏮ベトナムについてのエッセイ更新中📝他、純文学短編小説など📖自己紹介・おすすめ記事は『プロフィール』から! 📚

ベト日記

ホーチミンで日本語教師・ライターをしながら暮らす渋澤怜の日記■内容は、現地の生活や、外国人として暮らすことでの気付き、ベトナム語や日本語の言語習慣、外国語学習や日本語教育についてなど■月4回更新を目指します■単品でもマガジン購入でも同価格(100円)なので、興味ある方はとり...

コメント1件

HO CHI MINH では日本濃度99%いけるんですね。Hai Phongでは最大限でも80%くらいかな。僕は食生活は85%ベトナムで、時々中華、韓国、インド、日本食などを気分で混ぜ込んでいます。便利すぎても飽きるので、これくらいが丁度いい街です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。