「文学なんか今時読まれない」に全力で抗う。ネット時代にも読まれる文学を作る。

上記タイトルが、今年の私の目標です。

・「ネットの文章は「質より量」」という風潮に違和感がある人
・小説(特に純文学)が好きな人、書いてる人
・「良い芸術を作っても食えない」現実に憤りがある人

にはぜひ読んでもらいたい。

■こんにちは、「ライヴが出来る小説家」、渋澤怜です。

私はもともとずっと純文学を書いていたのですが、

「小説、しかも純文学なんてウルトラマイナージャンルを読む人は限られている!」「自分から新しい世界に出ないと未来がない!」「既存のジャンルにとらわれない新しい芸術を作りたい!」「受け手の反応を直接見たい!」

などの動機で1年前からライヴを始めました。

内容としては、小説で言いたいことをライヴで言ってるだけなのですが、まあ人からは「詩の朗読」とか「ポエトリーリーディング」とか「殴り語り」とか「ロックな演説」とか言われてて、自分では「パンチラインばんばんぶつけまくりライヴ」って渾名しています。ここに沢山原稿&動画があるので良かったら見てみてください。

■音楽じゃ/文学じゃ、食えない?

さて、そうやって、ライヴハウスと純文学の現場、両方見てる私が思うことは、「音楽や文学じゃ食えてる人、全然いないなー」ということです。

今、音楽や文学で稼げる人が、どんどん減ってますよね。すっごい良いコンテンツ作ってる人でも、全然貧乏だったりしますよね。

その理由って、単純に「コンテンツが多すぎる」からです。どんなコンテンツ? かというと、ネット上のコンテンツです。


■ネット時代にフィットするのは「早い、浅い、分かりやすい」コンテンツ

これはインターネットの功罪だと思うのですが、みんなの注目を集める、ついついクリックしてしまうもの、インスタントなもの、オチの分かりやすいものが、みんなの可処分時間をガリガリ削っています。皆さんもインターネットで、中身の見え透いた、分かりやすいものを、ついついクリックして、無駄に時間をつぶしちゃった……ってこと、しょっちゅうあると思います。

音楽とか文学、つまり芸術って、分かりにくいじゃないですか。言いたいことがはっきり提示されなかったりするじゃないですか。だからファストなインターネットでは圧倒的に不利です。そんなにゆっくり、良いか悪いか分からないものを、じっくり吟味してくれる受け手って、今、ほとんどいないんですよね。今の主流はやっぱり、インターネット的な「早くて、浅い、分かりやすいもの」なんだと思います。

■ネット(共感)←→純芸術(発見)

私は音楽や文学や芸術が大好きだし、いわゆるインターネットでバズるものは大体嫌いです。

知らない音楽や文学に触れた時の「なにこれ?!新しい!意味わかんない!」こそが崇高で、

「知ってる知ってる」「あるあるわかる」という感情をつっつくだけでサッサと拡散する浅くて早くて分かりやすいコンテンツは唾棄すべきだと思っている。

それは この辺の記事↓↓ で書いたので割愛するけど、

要は、私が感動してきたものは、

ネットで読み流されるペラペラのエッセイでもなくて、定型にハメてつくられた「泣ける話」「感動できる話」でもなくて、

作家の人生の最も円熟した時間の粋と集中力を研ぎ澄ませて書かれた、読むのに何時間もかかる、しかし、作家はそこに費やした歳月は何年いや人生の全てに違いないと思わせる、クソ重い純文学でした。音楽でした。ライヴでした。

クソ重い純芸術ばかりでした。

だからと言って、今の世の人に「純文学を読め!!」と言っても意味ないと思ってます。

みんなめちゃめちゃ忙しいし、保守的で、「良いと分かり切ってるもの」「別に新しくないもの」「簡単に入手できるもの」が好きなんです。すなわちネットですぐ手に入るような。

ちなみに純文学はただ今絶賛の死にかけのメディアです。

これはもう時代の潮流です。仕方ないんです。

そして私もその時代の潮流の中にいます。

■純文学とインターネットの相性の悪さ

自分でいうのもアレですが、私は割と、純文学の書き手の中ではSNSを活発に使っている方だと思います。
プロの書き手でも、Twitterをやってる(アカウントを持っているのみならず、それなりに更新し、使いこなしてる)人って、あまり多くないです。

(逆にTwitter強者の純文学書きがいたら教えてくれ!!!! マジで知りたい!!! 東浩紀と平野啓一郎と高橋源一郎と朝井リョウ以外な!!)

(きのう円城塔さんのTwitterおしえてもらったんだけど、こういう感じ!)

(ちなみに私は、9年前からTwitterをやってきました。(詳しくはこちらに))

同じ文字メディアにも関わらず、
純文学の書き手があまりSNSをつかわないのは、
「純文学とSNSが壊滅的に相性が悪いから」です。

上記の通りネットは「浅く、早く、分かりやすい」文化。

「皆の注目を集める、ついついクリックしたくなる、インスタントなもの」がPVを集め、より人目につく場所に置かれ、更にPVが集まる世界。

十万字読んでやっと良さが分かる純文学がボロ負けを期す世界です。

その匂いを嗅ぎ取って、純文学の書き手はSNSから足を遠ざけているように思います。

……とはいえ別に、純文学の書き手がちょっとした日常のことや思い付きをドロップする場所としてSNSを使ってても良いはずなのですが(それこそ円城さんみたいな感じで)、

ザッと人に聞いたところ(ザッとですが)「純文学の書き手でインターネットに長けてる人って、朝井リョウの他は見当たらないな」と思いました。
(朝井リョウはバリバリの純文学の書き手とは言えないかもしれませんが、さて置く)
(ちなみに「何者」はインターネット、SNSを正面からとりあげた数少ない小説でしたね。他にもこういう小説あったら教えてください)

つまり逆に言うと、まだデビューも何にもしてない私ですが、
「今の現代のネットのスピード感を肌で感じている純文学の書き手だ」というのは、私の強みなんです。

■SNSで育てた私の文章

色々書きましたが、私、SNS大好きなんですよ。
Twitterはトイレに入るたび、いや、自宅にいたら30分おきに見てしまうし、書くことは永遠に湧く。
そもそも、(物書きのご多分に漏れず)対面でのコミュニケーションが苦手で書くことが得意な自分にとって
「顔を合わせたことの無い人が、私のことを文字だけで「面白い」と思ってくれて、フォローしてくれる」Twitterは、最高の居場所であり発表の場であり研鑽の場でした。

私は、インターネットで大量の文章を書き、読み、インターネットの文体を身に着けている。

■インターネットの時代を体現する純文学を書く

というわけで、私が2018年にやりたいことは、
「インターネットの時代を体現する純文学を書く」です。

(ていうかもう書いてます。今のところ3万字です。全部で大体10万字になると思います)

これには2つの意味があり、


・インターネットで書かれる文章のスピード感、キャッチーさ、ノリの良さを体現する
・小説のテーマに「インターネット」を置く


です。

前者に関しては、いちいち面白いアイディア、濃いキャラ、ギャグを散りばめて、場面転換も数千字ごとに行い(つまりnoteやブログの一記事の字数ですね)、ネットで文章を読むことに慣れている読者を飽きさせません。

後者に関しては、
「インターネットやりすぎて頭おかしくなっちゃった、脳内でいつも何をツイートしてるか考えてる人」が主人公です。端的に言うとSNS中毒です。

この小説には、Twitterもneverまとめもインスタも食べログも出て来ます。Valuとか評価経済の話も入れたいけど、入るかなー。

この2点と、純文学としての重厚なボリュームを両立させます。バリ長いし、人生全部ぶつけます。

私の心を震わせてきた、純文学作家が全体重のっけて人生をぶつけて来た時の衝撃、しんどさ、切なさを、私もぶつけます。
切ったら血の出るような、使い捨てのできない文章。そう簡単に複製も拡散もさせない、指紋と手あかをべとべとにつけまくった文章。

「そんなの両立できる?!」と思われそうですが、おそらく前後半にわけて実現すると思います。前半キャッチーなら後半が多少しんどくてもみんな読んでくれるはずだ。前半に十分に下地を作っておけば、後半がド純文学でもみんなついてきくれるはずだ。

■今まで通りじゃダメなの?

「なんでそんな無理ゲーやるの? 普通に今までの渋澤さんの小説面白かったよ?」
と言われることもある。

(それこそ先日noteで公開した長編純文学「音楽の花嫁」は、ライブ物販で買われて「今までほとんど本読んだことないけど面白かった」と言ってもらえるような小説で、少なくとも私が求める要件の前者は満たしてることになります)

が、普通に? 面白い? 今まで? の小説? を書いたところで意味ねーんだよ。

そんなんだから純文学はオワコン化の一途をたどってんだよ。

……という話は長くなるので別記事に書きます。

■ここまで読んだあなたにできること

というわけで、私がまさにこの一か月、noteガンガン書きながらガンガン書き進めた長編純文学、まだ書き途中ですが読んでみたくありませんか?

(余談ですがnoteと長編を同時に書くのは、短距離走と長距離走を交互にやるみたいで、めちゃめちゃしんどい)

この小説は、新人賞に投稿するつもりなので、公開は出来ないのですが、メールで個々人に送ることはできます。

(しっかし、「応募原稿は未発表小説原稿に限る」ってどうなの!??!  ネットでこまめにリアクション貰いながらインタラクティブに物語をすすめるのが現在のデフォルトなのに、何年前のルールを踏襲してるんだ?! 頭カタすぎ!!!!)

なので、ここまで読んで「渋澤怜がそこまでいう小説、読んでみたい」と思った人は、 info@rayshibusawa.her.jp まで、メールをしてください。
(別なアドレスから返信が来るかもしれませんが気にしないでください)
(当たり前だけど転載はやめてね。「知人に読ませたい」と思った場合も、それはすごく有難いし歓迎なのですが、ご面倒ですが渋澤にメールして直接手に入れるように伝えてください。)
(添付ファイルで送るので、PCアドレスからお願いします)

これは、はっきり言ってリスクを伴う行為です(転載されたら私の投稿作は失格になってしまう)。なので一応、「怪しい人じゃないよ」と伝える程度にこの記事の感想やSNSのIDなどを書いてくれると大変助かります。1,2行で良いです。

本当はね、私ね、「ネットがテーマの小説」なんだから、実際にネットに連載して、リアクションをもらいながら書き進めたいの! なのに純文学の古いルールが私の実験の邪魔をしてるの……!(※頭の柔らかい賞だと、ネット公開済の作品も応募可のところもあります)

たぶん2人くらいしかメールくれないんだろうなー…………と思って、今から既にしょげてるので、「しょげるな渋澤」っていう意味でもぜひ、送ってください、メール。

あとこの記事は私にとってターニングポイント的な結構大事な記事なので、拡散していただけるととてもとても嬉しいです。よろしくお願いします。仲間が欲しい。

※2018.1.26追記 続きをかきました


★こいつどんな小説書くんだ? と思ったら、渋澤怜の自選おすすめをご覧ください→ https://note.mu/rayshibusawa/m/m70e04479475e

・・・・・・・・・・

★渋澤怜のTwitter→ https://twitter.com/RayShibusawa
★自己紹介 https://note.mu/rayshibusawa/n/n43bdee287cc6
★おすすめエッセイ https://note.mu/rayshibusawa/m/mb0d4bde3bf84
★おすすめ創作群 https://note.mu/rayshibusawa/m/m70e04479475e

#書き手 #発信 #発信力 #日記 #小説 #エッセイ #コラム #考察コラム #文学 #長編小説 #純文学 #SNS #SNS #インターネット #小説家 #物語 #書くこと #書く #文章 #2018年にやりたいこと #文章を書くこと #芸術 #音楽 #アート #創作 #クリエイター #好きなこと #好きなことを仕事にする #コンテンツ #web #文芸 #新人賞 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキを押すと、短歌を1首詠みます。 サポートされると4首詠みます。

「新聞に載れば翌日ゴミになる」「それなら僕はゴミ箱になろう」
113

超短編小説・実験小説・詩・純文学etc

短めの小説がたくさん入っています。実験小説、即興小説、朗読ライヴの元ネタ、文体の研究などなど。
3つのマガジンに含まれています

コメント6件

現状で「純文学」がやや恣意的なのも問題かと。「これも純文学?」みたいなのがしばしばありますからね。定義が明確でないから混乱する。純文学は再評価が必要な気がします。むしろ渋澤さん視点の純文学書評があった方が、新規の読者が増える気がします。
昔の記事にすみません。私も小説を書いていますが、最近の小説の軽さには閉口します。是非、時代に合わせずに諦めずに純文学を守り抜いて欲しいです。私も時代に対抗し続けます。それが叶わなくても。
まじで〜♡?
スキのレスポンス文、可愛いですね。
しょげるな☆ て、もうしょげてねーか。いいなぁ。

私も量より質派ですが、自分で書くとなぜか質量とも重くなり、読者の獲得が難しい日々です。。。
リクエスト?!ジュネみたいに、ポップだけど相当国語愛してて、キワモノなのに古典的な正統派純文学っていうのが読みたい。よろしくお願いします。
これだけ長い文章を読ませるなんてすごい筆力ドグ〜!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。