トップに合わせるのがミドルの仕事だと考えると、複数のトップに仕えるミドルの兼務は難しい。役務のスコープを決めれば複数のトップに仕えることは可能だが、それはマネジメントではなくエージェント。自分が最後にケツを持ちきれる範囲でしか、マネジメントの役割は果たせないのだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

🤗
1

廣野一誠

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録