上司に恥をかかせる行為。

あっという間に1月が過ぎ去ってしまった。各支店の挨拶回りや新年会、関わっている複数組織での人事関係の面談、様々な状況会議への参加など、いろいろ忙しくしているうちに2月へ突入。

完全に首が回っていない状況の中で、青年会議所の議案が疎かになっていて、担当の上司に報告したり、委員会メンバーと集まったりも出来ず、間に合わせで資料だけ直して提出、という事態になってしまった。

ホウレンソウが疎かになるのは自分の悪い癖。日頃、ちゃんとホウレンソウをしなさい、と後輩に口を酸っぱくして言っているのも、要は自分が陥りやすいトラップだからだ。


上司へのホウレンソウなしに突撃するのは、上司に監督責任を果たさせないことを意味し、上司の面子を潰す行為だ。また、事前に確認されていれば守れたものを、突然撃沈されたのではフォローすることも出来ない。

自分一人で人の力を借りずに出来ることなど僅かなのだ。ホウレンソウを怠ることは、それくらい上司の顔に泥を塗る迷惑行為なのだ、と自覚したい。また、ホウレンソウなしに良い成果が出せる、という自分の思い上がりを戒めたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

🤗
3

廣野一誠

青年会議所・JC

青年会議所(JC)についての記事をまとめました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。