会話の頻度は親密性を決める大きな要素。特に用事がなかったとしても、頻繁に会話をして相手に寄り添えれば、お互いに助け合う素地ができる。一方、関係性が慣れ合いになり過ぎると、変革が必要なときにも軌道修正ができなくなる。真面目な話とふざけた話、行ったり来たりできる関係が必要だ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

良い一日になりますよう!

廣野一誠

宮城県気仙沼市出身、1983年3月生まれ。PL学園・早稲田大学・日本IBM・ベンチャーを経て、2014年12月に帰郷。1850年創業の漁業資材販売店・アサヤ株式会社、地元産品を扱う通販サイト・気仙沼さん、観光商品開発を担うちょいのぞき気仙沼、の3本柱で活動しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録