うちの業界はイメージが悪いという言葉、水産、建設、福祉、官公庁、製造、どの業界でも共通して聞く。でも、どんな業界でも魅力を感じる人はいるし、魅力を伝える方法はある。何千人も採用するわけではないのなら、採用はもっと局地戦であることを意識すべきだと思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

良い一日になりますよう!

廣野一誠

宮城県気仙沼市出身、1983年3月生まれ。PL学園・早稲田大学・日本IBM・ベンチャーを経て、2014年12月に帰郷。1850年創業の漁業資材販売店・アサヤ株式会社、地元産品を扱う通販サイト・気仙沼さん、観光商品開発を担うちょいのぞき気仙沼、の3本柱で活動しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録