事業には一定の時間投下をしないと意味のある効率化はできない。が、一定以上の時間投下をするとそれ自体が楽しくなり、その時間を短くしようとする動機が薄れる。ミイラ取りがミイラになる、というのはこのことなのかもしれない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

🤗

廣野一誠

宮城県気仙沼市出身、1983年3月生まれ。PL学園・早稲田大学・日本IBM・ベンチャーを経て、2014年12月に帰郷。1850年創業の漁業資材販売店・アサヤ株式会社、地元産品を扱う通販サイト・気仙沼さん、観光商品開発を担うちょいのぞき気仙沼、の3本柱で活動しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録