同期が座右の銘として掲げていた「着眼大局着手小局」は味わい深い言葉。関係者全員の目標達成を目指すのは素晴らしいが、全員が好意的に協力するとも限らず、板挟みでスタックすることもある。時には、身内の幸福を優先して強引に進めた方が、かえって全体最適へと物事が進むこともあるのだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

🤗

廣野一誠

宮城県気仙沼市出身、1983年3月生まれ。PL学園・早稲田大学・日本IBM・ベンチャーを経て、2014年12月に帰郷。1850年創業の漁業資材販売店・アサヤ株式会社、地元産品を扱う通販サイト・気仙沼さん、観光商品開発を担うちょいのぞき気仙沼、の3本柱で活動しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録