民間企業が産学連携に期待するのは、自社にない技術力の供給。だが、研究機関が提供できるのはあくまで要素技術。それを不具合のない完成品に仕上げられる能力・体制がないと、商品化・事業化というステージには至らない。目的の異なる組織が連携するためには、期待のすり合わせが欠かせない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

☺️☺️☺️
2

廣野一誠

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録