Twitterの教科書

こんにちは、広瀬です。

今回お話したいのは、ズバリTwitterの話です。

最初に断っておきますが、このnoteを読んだだけでは絶対にフォロワーは増えません。

何でもそうですが、肝心なのは「行動」です。

考えるより、行動した方が結果に結びつきます。


例えば。

貴方は彼女がほしくてほしくていてもたってもいられない男性だったとします。

ーーーまず、何をしますか?ーーー


ここで、”「どうやったら彼女が出来るか」を考える”という回答が出てきた方は残念。
このnoteを買わない方がいいでしょう。買っても意味がないので一生考え続けていてください。


ここでの答えとして相応しいものは、”女性にアプローチをする”です。

彼女がほしいなら、これ以外の答えはありませんね。

Twitterで独り言をペラペラしゃべっていても全く意味がないですし、
Facebookで誰かの投稿にいいね!を押していても彼女はできません。


では、どうやって女性にアプローチをするか。

何でもいいです。

LINEの友達リストにいる女性に片っ端から連絡を取ってもいいし、
pairsやomiaiなどのマッチングアプリを始めてもいい。

もしくは、勇気はいるけどクラブで女性に声をかけてもいいし、
出来るならストリートナンパに挑戦してみてもいい。


ただ、実際に行動してみると、分かることがあります。


・マッチングアプリを使っているのに、全然女性とマッチしない。
・クラブで女性に声をかけても、無視をされる。
・道で女性に声をかけられたら、暴言を吐かれた。
・全然タイプの女性と出会うことができない。
・マッチングアプリに元カノが出てきて何とも言えない気持ちになった。

このタイミングで初めて、

どのようにすべきか?

を考える必要が出てきます。

そういった時に、このnoteを参考にしてもらえればなと思います。

今回のnoteの対象者は、フォロワー数でいうと100~1,000くらいの方を想定したつくりにします。

また、下記に当てはまる方が対象だと考えています。


・Twitterをやっていく中で、少しでもフォロワーを増やしてみたい
・ぼく(広瀬)がどの様に増やしてきたのか気になる
・そもそもTwitterをどうやったらいいか分からない


目次もチラ見せします。

【基礎編】
1.自分だけのUSP(ユニーク・セリング・プロポジション)を考えてみよう。
2.大事なのはプロフィールよりツイート。
 2-1.ターゲットを絞ると逆に広まる。
 2-2.〇〇に乗る。
 2-3.〇〇をツイートしよう。
 2-4.鉄は熱いうちに叩く。
3.First Penguin。(恋愛工学アカウントを例に。)
4.USPを強化する方法。

【小技編】
1.ツイートは資産か?それともゴミか?
2.分析ツールを使ってみよう。
3.やりすぎ注意!比較的楽なツイートの伸ばし方。
(本質ではないのでオススメはしません。)

【メンタル編】
1.大事なことは〇〇〇力。
2.絶対にやってはいけないこと。
 2-1.フォロワーの購入。
 2-2.メリットのない炎上。
 2-3.意味のないツイート。

【余談】
1.無駄なポリシー(笑)。
2.フォロワーが増えるメリット。
3.フォロワー伸びる人/伸びない人。
4.具体的にベンチマークをすべき人は誰か。
5.炎上した場合について。


※内容は随時アップデートしていきますので、質問や気になることなどあればコメント頂ければ対応いたします。


【基礎編】


1.自分だけのUSP(ユニーク・セリング・プロポジション)を考えてみよう。


これを読んでいる人たちの中には、USPと聞かれてピンと来ない人もいると思うので、まず、USPとは何か?という話をしたいと思います。


USPとは、Unique Selling Propositionの略です。
直訳すると、「独自の”売り”となる提案」という意味ですね。

少しだけ意訳すると、「独自の魅力的なアイデア」のことです。

さてさて、話を進めていきますが、あなたのUSPはなんですか?

一言で教えてください。

ぼくの場合は、

この続きをみるには

この続き:16,012文字/画像9枚

Twitterの教科書

広瀬

1,499円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。頂いたサポートを無駄にせぬよう、Twitterランドを面白く盛り上げてまいります。

スキありがとうございます!そんなあなたが大好きです。
16

広瀬

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。