「2018私的年間ベストアルバム40」の補遺

年末にまとめたこちらについて、基本は並んでるジャケットをずらっと見てもらえばいいんですが、少しばかりコメントを。

ジャンルバラバラの上位3枚について

1位はSnail Mailのデビューアルバム。最近の海の向こうの音楽としてラップ・ヒップホップの隆盛がありますが、自分はそっちの動きにほんとに全く乗れていなくて、一方で女性SSWの盛り上がりには思いっきり興奮している。Snail Mailもまさにそういうタイミングで聴いたもので、すんなり年間1位に収まりました。


配信されてたフジロックのステージもめちゃくちゃ良かったKacey Musgraves、オールスターグループboygenius、あとLUCY DACUSもNatalie Prassもこの流れ。この自分の好みはしばらく続きそう。

2位のユニゾンは、年初リリースだったけどこの作品を超える日本のロックアルバムには結局出会わなかった。バンドのポップセンスが大爆発した今作は、10年代のシーンの歴史に残る名盤でしょう。なんとなくまだ「ユニゾンを正しく評価する言葉」がない気がするので(MUSICAのチャートでも2位だったのに鼎談での総括はかなりざっくりだった)、個人的にはもうちょっとトライしてみたいところ。


「日本のロックバンド」という括りは正直なところほんとにきついやつが多いんですが、パスピエが新体制でブレイクスルーした『ネオンと虎』やチャットモンチーのラストアルバム『誕生』、例によってハイクオリティなインディゴ『PULSATE』など、中堅どころの作品に惹かれた2018年でした。若手だとodolがぶっちぎり。どんどんわけが分からないバンドになっていくのが最高。


3位の星野源は言うまでもなく大名盤ですが、今年は個人的好みとして前述の2枚が上回ったという感じですかね。ただ、海外のトレンドを消化したうえでこの人にしかできない音を作っている、そしてそれをメインストリームでやっているというのはほんとに尊敬に値する。


※ぶっちゃけて言うと、1曲目のこれで期待値が上がりすぎてしまって、そのせいでその後最後まで自分のテンションがドカーンとならなかったというのもある

さすがに誰も星野源を「シティポップ」なんていう人はいなくなったし、そんなムーブメントあったっけ?という雰囲気にもはやなってますが、そういった流れでこれまで括られていたであろう作品もなんだかんだで気に入って聴いたものが多かった。阿佐ヶ谷ロマンティクスがこんなすごい作品出すとは正直思ってなかった。長く聴くことになりそう。


非日本、非米英

HYUKOHにBolbbalgan4といった韓国の音楽、それ以外にも台湾や東南アジア、あとカタルーニャ、南米の音楽など、ちょっと前から手を付け始めていたエリアもSpotifyのおかげでさらに聴くようになったのが2018年。

ライブ映像があったけど、HYUKOHのこの曲はSpotifyで一番聴いた曲っぽい。一時期リピートしまくってたからな…

ほんとはこの辺もっとがっつり聴く予定が、なぜか2018年後半はミスチルばかり聴いていた。

今年はアフリカの音楽ももっと聴きたい。


誰も話題にしてない枠

和田唱、The fin.、森山直太朗の素晴らしいアルバムについて語っている人が全然いなかったのが悲しかった。これ読んでくださってる方だけでも聴いてほしい。特に森山直太朗。


安定して最高なアイドルと尖ったアイドル

Negiccoのアルバムは例によって最高。1曲目のイントロの時点で「あ、これは名盤だ」ってわかる感じだった。リリスクはライブ行きたいと思いつつ2018年はチャンスがなかった。どんどんユニークな存在になりつつある。・・・・・・・・・はプロジェクトの全体像をあんまり把握してないけど、こういう轟音の中に少女のボーカルが聴こえてくる音には抗えませんね。

まだ見てないけどこんなすごい動画があがってたのか…(全曲MV)


Perfumeは……

いや、『Future Pop』いいアルバムでしたよ。ただ、個人的には『COSMIC EXPLORER』にガツンとやられすぎていたので、今回はちょっと肩透かし感あった。ライブ見てアルバムの評価爆上がりしましたが、こっちのランキングではちょっとシビアに見てこの順位に。

リード曲はこっちにすべきだったんじゃねーか??という疑念を拭うことができない。


総じて面白かった

上記以外にもTrack'sに出会って5億年ぶりにメロコアのCD買ったりして、楽しく音楽を聴けたなという実感のある1年でした。2019年はまずあいみょんの新しいアルバムにどのくらいぶっとばされるか楽しみにしてます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もし面白いと思っていただけたらよろしくお願いします。アウトプットの質向上のための書籍購入などに充てます。

ありがとうございます!
26

レジー

音楽寄りの話

1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。