短歌

1
ノート

連作50首「不可逆の卵」

第63回角川短歌賞応募作品「不可逆の卵」です。

年上の人を大人と呼んでいる 火災保険の更新はがき

交流が推奨される飲み会でオレンジジュースを動かしている

自らに掛かる重さを理解した人が駅前で潰れていた

確固たる事柄を遠ざけているガチャガチャ回して変な消しゴム

帰宅してからも帰りたいと思うしばらくただいまを言っていない

不可逆の半熟卵ぬるま湯で中途半端に固まっている

手遅れの一歩手前で

もっとみる