自選短歌20首

僕だけがインターネットの亡霊で他のみんなは居酒屋にいる
 

「五時半に起こして」「 ウェブで“助けて”に関する情報が見つかりました」
 

花の名に詳しい母は無機質な僕の名前を思い出せない
 

お前はハリーポッターの絵が描いてある電車のロンの車両に乗れよ
 

友人が去った線路を眺めてはまだ運転を見合わせている
 

くノ一と一夜をともにしたはずが俺の隣に転がる丸太
 

後ろから蹴ってほしいと言ったのに火炎放射は話が違う
 

君の目は実家のシャワーみたいだねあたたかいのに急に冷たい
 

出欠を取るときにだけまゆぽんと呼ぶのをやめて中村と呼ぶ
 

この街の治安は悪い君に会うたびに時間を盗まれている


彼に歯を抜いてもらってから胸がずっと痛くて手をあげている
 

床を這う愛を知らないロボットが私にばかりぶつかってくる
 

「失恋は予防接種」という説を唱え続ける恋愛博士
 

声優の怠慢だろうあの人の前だと何も言えないなんて
 

清純派アイドルだけがユニコーン、他はサワガニに生まれ変わる
 

遺された留守番電話の音声に何度も同じ相槌をうつ
 

「感動の結末は90秒後」誰かの指示がないと泣けない
 

この狭い部屋で観葉植物も声も枯らしたことがあります
 

紫陽花はどんな色でも紫陽花でひとでなしでも私はひとだ
 

彼の好きだった漫画が最悪なキャストで実写化されますように

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

17

宇野なずき

僕だけがインターネットの亡霊で他のみんなは居酒屋にいる

短歌

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。