8月25日 『北欧に学ぶ小さなフェミニストの本』Readin’ Writin’ BOOK STORE周辺情報(浅草橋→蔵前→田原町探索ルート)

Readin’ Writin’ BOOK STORE 8月25日 わたしはわたし、ぼくはぼく、自分らしく生きるってどういうこと? 『北欧に学ぶ小さなフェミニストの本』 読書会&ちゃぶ台返し!

翻訳者・枇谷玲子÷ちゃぶ台返し女子アクション・もりこ

『北欧に学ぶ小さなフェミニストの本』(サッサ・ブーレグレーン著・枇谷玲子訳、岩崎書店)の読書会を、8月25日(土)に開催します。

頑張っているのに報われない。
なんだかモヤモヤしている。
幸せを感じられない。
もしかしたらそれは、世の中のことを「スーツ姿のおじさんたち」が決めているからかもしれません。

ジェンダーギャップ指数をご存知ですか?
社会進出における男女格差を示す指標です。
2017年、スウェーデンのジェンダーギャップ指数は144か国中、5位。
男女平等の先進国です。
一方、日本は114位で、とっても男女不平等! 
男女格差が当たり前すぎて、気がつかないだけなんです。
日本で生きているだけで、なんとなくしんどく感じるのは、このあたりに原因があるのかも。

本書は10歳のエッバの目を通して、スウェーデンをはじめ世界の女性たちがどのように自分たちの権利を獲得してきたのか、また他人に支配されずに自分らしく生きるにはどうしたらよいかが、優しい言葉で書かれています。

私たちは本書から学ぶことで、性別にかかわらず夢を叶え、好きな服を着て、世の中を変えることができるようになるでしょう。
自分たちにこれから何ができるか、みんなで一緒に考えてみませんか。
想いを分かち合ってみませんか。

また、読書会の最後には、みんなでちゃぶ台を返しましょう!

もりこさんお薦め! Readin’ Writin’ BOOK STORE周辺情報

*パン屋ペリカンさんは要予約のようです。

*ランチの定食も美味しいそうです。

*下町感満載のおそば屋さん!

(浅草橋)

少し離れますが、浅草橋からスタートし、蔵前を通って、田原町のReadin’ Writin’ BOOK STOREまで歩くのも楽しそう♪

浅草橋には問屋街もあり玩具、文具、革製品、アクセサリーなど色々なお店があり、手芸好きな人にもたまらないそうです。

(蔵前)
おしゃれなカフェが一杯!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。