見出し画像

【NEWS】現代人の強い意思をつなぐリング「 KEPPAN 」をリリース

こんにちは!Re.ing[リング]です。本日、新作のリング「KEPPAN」を発表いたしました。

Re.ingは、“関係性”から着想を得て生まれたジュエリーブランド。現代のパートナーシップのあり方を問うべく、2018年4月から「多様な愛の形」「生死をこえた繋がり」「種族をこえた絆」「婚姻制度をこえた結婚」等にインスピレーションを受けたリングを発表してきました。

5つ目となる今回は、現代版の血判状。例えば共同創業者、一緒にビジネスを生む仲間、スポーツチームなど、同じ目標に向かって強い意思を共有する関係性から着想を得ています。

仲間との絆をつなぐ、現代版の「血判状」 
“KEPPAN“

KEPPANは、その名の通り「血判状」をモチーフにした指輪です。かつて日本では、 堅い決意や誠意などを表すために、 自らの指を切り署名や花押などの上に流れ出た血を押す「血判状」が用いられていました。

KEPPANに刻まれるのは、同じ想いを共有するひとりひとりの指紋です。その人たちをつなぐ想い、そしてそれを守り抜くという固い意志を象徴します。

血判状は、多くの武士たちの間でお互いの約束を強く誓う、決意表明であったと言われています。 自分の気持ちを目に見える形にすることで、相手との信頼関係を深める意味もあったのでしょう。

現代社会にも、同じ目的や夢に向かって決意を持ち、強い絆や関係性を築いている人たちがいます。それもひとつの、パ ートナーシップの形。そんな人々の意思表明のひとつとなり、持ち続けられる形があっても良いのではないか。そしてそれは、二者間にとどまらず複数間でも成り立っているはず。そんな想いから、この指輪が生まれました。

捺印した指紋を送付していただき、その一部を切り取ってデータ化することで、指輪に自分の指紋を刻印することができます。1つの指輪に入る指紋の数は、最大5名まで 。

それぞれの指紋がデザインの一部となり、指輪が出来上がります。また、Re.ingの指輪は幅、デザインともに性別を選ばず指に馴染むように検証を重ね型を作っているため、どなたとでも身につけていただくことができます。
  
 自分と、大切な人たちとの絆のひとつとして。お互いの意思の表れとして。様々な想いを身にまとうことができる指輪です。 

KEPPAN
【サイズ】5号~22号
*4号以下、23-27号は応相談
【素材】シルバー
【リング幅】3mm
【厚み】約1.4mm
【表面加工】燻し
【色】シルバー
【定価】各38,000円(税抜)
【販売取り扱い】Re.ingオンラインストア(https:/store.reing.me

大切なパートナーとの絆を形にできる指輪。
販売はオンラインサイトのみで行なっています。

*Twitter、Instagram、Facebookでは、イベントや新しいプロダクトについてなど、最新情報をお届けしています。よろしければ是非followerになってください♩


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

そんなあなたが、大好きです!
4

REING[リング]

THE RELATIONSHIP BRAND - REING -[リング]自分の意思で選ぶ関係性が、自分らしさを紡ぐから。多様な関係性のあり方を問い続ける。→REINGのこと/多様な関係性のかたち/パートナーと生きること/ について発信しています!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。