event_report_vol3_後編

パートナーの存在の意味とは。なぜ人は、「大切な誰か」を求めるの?Reing交流イベントレポートvol.3(前編)

こんにちは!Re.ingの高橋知也です。

本日は12/1(土)東京・恵比寿にて開催された交流イベント【HAPPYな関係性の秘訣は?】パートナー愛を語るカレーランチのイベントレポートをお届けします。


「パートナーが大好き!」という気持ちを誰かと共有したり、関わり方を話し合ってみたりする機会ってなかなかないですよね。今回は、愛妻家の方や最近お付き合いを始めた方、他の人の関係性の築き方に興味がある方など、多様な考え方を持つ方々にご参加いただき、パートナーの存在の大切さ、独自のルール、仲良く過ごす秘訣などHAPPYなパートナーシップの築き方についてお話しました!

はじめに、みなさんからトークテーマを募集して、ランダムにトークしていきました。

TALK TIME

質問一覧
Q1.パートナーがきっかけで変わったことは何?

Q2.自分とパートナーとの距離感は?
Q3.どんな時に、パートナーになってよかったと感じる?
Q4.パートナーから言われて(されて)嬉しかったことは?

Q1.パートナーがきっかけで変わったことは何?

yoppy:私は、幸せレベルだな〜! 彼と一緒に住み始めたばかりなのですが、朝起きて毎日「幸せだな。」と感じます。

aska:私は趣味ですかね。特に、触れる音楽の幅が広がりました。今までは聴かなかったようなものや、知らなかったものが自分の生活に入ってきました。他にも本や映画など、好きなものに対する知識量がすごいのですが、逆に私の趣味にも興味を持ってくれたり、映画を選ぶとき、合いそうなものを提案してくれたり。結構、「お勧めない?」って聞いたりもしますね。お互いに領域が広がっている感じはあります。

yang:私も同じかもしれない。趣味というよりも、視野が広がった感じですね。今まで自分の経験してきたこととは別の人生を持っているので、お互いにとってプラスになっています。

えりらざぴ:私は、家事の課題解決能力が上がりました!

一同:どういうこと??(笑)

えりらざぴ:結婚したばかりなんですけど、元々自分がめんどくさがり屋なんですよ。お互いに働いているし、家事って大変なことも多いじゃないですか。だから、嫌になるくらいなら「面倒くさいことは、仕組みで解決しよう!」ということになって。例えば掃除はルンバ、乾燥機付きの洗濯機など、IoT家電を導入したら小さな喧嘩がなくなったんです。 


aska:それはいいな〜!喧嘩の元を取り除いちゃおうっていう感じですよね。

おふじ:えりらざぴさんに質問なのですが、喧嘩をした時など、パートナーが家にいることを辛いと思ったことはありますか?

えりらざぴ:私はみんなといるのが好きなので、全然平気ですね。おふじさんは一人の時間が欲しい派ですか?

おふじ:そうですね。家は自分の領域という感じで、誰にも入って欲しくないんです。 家に誰かがいると気を遣ってしまうので、どんなに相手が好きでも一緒に住むということが想像できなくて....。

yoppy:パートナーでも?

おふじ:私は今まで、世間一般でいう「恋人」のようなパートナーができたことがなくて、今日は大好き!って胸を張って言えるような「パートナー」がどんなものなのかを知りたくて来ました。特定の人を好きになるというより、1対1で食事をしている時などは、その時接している人が特別だと感じるんです。

あべちゃん:それ結構分かる!刹那的な感じ。その瞬間は、その人が大事って思う感覚だよね。

おふじ:そうそう!目の前の人との時間には、私としては全力で向き合うから1日ひとりの人と話すだけでも結構な体力を使うんです。

aska:その中でも、誰かとのきっかけで「自分が変わった」と思うことはありますか?

おふじ:あります。10年来の親友がいて、出会った当初その子と仲良くなりたいがために興味のない部活に入ったんです。

一同:えー!

おふじ:その子から影響を受けて、変わったことは多いですね。

aska:それもある意味、一つの大切なパートナーの形ですよね。恋愛的な関係性だけが、パートナーの定義じゃないし。「親友」っていう形もその一つ。だから皆の感覚と、そう変わらないと思います。

おふじ:確かに、そっか。それはよかった〜!


Q2.
自分とパートナーとの距離感は?

yoppy:ゆりさんと、よこいちさん(ご夫妻)に質問ですが、一緒に生活をしていて「自分の領域」の話をしたことはありますか?

ゆり:喧嘩した後は、考えますね。私たちは元々一人の時間が大事なタイプで。この人のことは絶対に必要!と感じたから一緒にいます。でも、喧嘩した後は一緒にいるのって耐えがたいんですよね。どこにいても姿が見えるし。そういう時は、お互いクールダウンするために外に出ます。

yoppy:それって、喧嘩した後だから問題は解消はしてるけど、頭では落ち着かないから外に出るんですよね?

ゆり:そう。やっぱり感情って、すぐには収まらないじゃないですか。なんでも二人で、っていうより自分の時間を作ることもすごく大切だと思うんです。

よこいち:そういう時は、言っても無駄だと思っています(笑)。


ゆり:嫌なことは、全部言っちゃうんですよ。「こういうことで、これが嫌だった。」ということをお互いに全部言い切ってしまう。それを否定しちゃうと話が終わらないので、我慢しないってルールを作ってます。


Q3.どんな時に、パートナーになってよかったと感じる?

aska:最近恋人ができた、あべちゃんはどうですか?

あべちゃん:もう愛がピュア!私のパートナーは、なんでも「ありがとう。」って言ってくれたり、愛情表現がストレートで優しいんですよね!だから、純粋な愛を感じる時に「よかった〜」って感じます。毎日幸せだなって思うんです。

yoppy:もねさんは?

もね:一緒に寝る時ですね。「今日も平和でよかったなー。」と感謝します。

yoppy:わかる!私も、寝るときと朝起きた時に「本当に幸せだ〜。」と思います。

よこいち:僕も一緒ですね。隣でパートナーが寝ている姿を見た時に、「この人でよかったな。」と感じます。たまに寝言で、「好き〜」とか言ってるんですよ(笑)。それ見るとやっぱり、すごく幸せな気持ちになるんですよね。

一同:素敵すぎる・・・。

ゆり:私も全く同じです。元々、母親と寝るのもダメだったくらいに誰かが隣にいると眠れなかったのですが、今のパートナー(よこいちさん)は安心して寝つきがよくなるんです。

aska:それって他の人とは、何が違ったんでしょう?

ゆり:精神的なところが大きかったと思います。私にとって人生を変えてくれた人だったので。私はもともと、すごく真面目すぎるところがあって特に日常に楽しみを見出すこととかがなかったんですね。例えば、食とかにも全然興味がなくて。でも、出会って色々と教えてもらううちに毎日が楽しくなって。尊敬する気持ちと、安心する気持ちがどちらもあるからかもしれません。

aska:ちびさんはどうですか?どんな人といる時が良いなどありますか?

ちび:私は、否定をしない人といる時が落ち着きますね。「でも」とか「だって」という言葉が自然に出てきちゃうと、否定的な人だと思って身構えてしまいます。だから、一緒にいて安心する人っていうのはすごく共感します。


Q4.パートナーから言われて(されて)嬉しかったことは?

yang:私は、仕事や今までの人生を肯定されたことです。仕事の悩みを話すことも多く、苦しんでいることを共有した時に、肯定してくれたことが嬉しかったです。

一同:わかる〜!

にしむー:今僕は、恋人はいないのですが、前の彼女が、自分の好きなものに興味を示してくれたことは嬉しかったです。「面白そうだから。」と興味を持ってくれたり、理解してくれた時は嬉しかったですね。自分は植物が好きなんですが、贈り物に花を選んでくれたり。

aska:男性にお花を選ぶって、すごく素敵ですね!自分のことを考えて、その時間を使ってくれることが嬉しいなって感じますよね。

yoppy:「好き。」って伝えるだけが愛情表現じゃないよね。 私は同棲を初めて一ヶ月になるんですが、出会って4回目で私から「一緒に住もう。」とお願いしたんです。こっちからお願いしたことなのに、「一緒に住んでくれてありがとう。」って感謝してくれる時は、本当に嬉しいです。あとは、お互いの仕事に対して褒め合ったり、「肯定」し合うことは本当に大切だと思います。

aska:例えば100人の人が「違う。」と言っても、私が言ったことを「同じように思うよ。」と肯定してくれた時は、パートナーがいてよかったなと感じますよね。例えば誰かに否定されたり、人と価値観が会わずに決裂してしまったとしても、その人だけは味方をしてくれると「一人じゃないんだ。」って感じられますもんね。自己肯定力が上がる相手と一緒にいることって、すごく幸福度を上げる気がするな。

(後編に続く)


前編では、パートナーと出会って変わったことや、それぞれの距離感の取り方などを共有しました。100人100通りの関係性があるように、嬉しく思う瞬間や誰かを大切に感じる瞬間も多種多様です。

後編では、パートナー間の独自のルールや、価値観の違いをどのように受け入れるかなど、楽しく一緒に生きていく秘訣を共有しました。次回の記事では、その様子をお伝えします!

*Twitter、Instagram、Facebookでは、イベントや新しいプロダクトについてなど、最新情報をお届けしています。よろしければ是非followerになってください♩



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

LOVE!私たちもスキです!
4

REING[リング]

THE RELATIONSHIP BRAND - REING -[リング]自分の意思で選ぶ関係性が、自分らしさを紡ぐから。多様な関係性のあり方を問い続ける。→REINGのこと/多様な関係性のかたち/パートナーと生きること/ について発信しています!

Re.ingイベントレポート

Re.ingのイベントレポートを更新していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。