event_report_vol2_後編

結婚にビジョンがあったら?十人十色の関係性の築き方。Reing交流イベントレポートvol.2(後編)

こんにちは!Re.ingの高橋です。

本日は10/20(土)東京・恵比寿にて開催されたRe.ingによる交流イベント「パートナーシップって何だろう」のイベントレポート(後編)をお届けします。

前編では、「結婚」という関係性の一つの形をメインテーマに意見を交換しました。ここからは、もう少し外側に視野を広げて、「パートナーシップ」にはどんな関係性があるのか?自分にとってのパートナーとは何なのか?を掘り下げていきました。(前編はこちら)

---------------------


THEME2.
#パートナーシップって何だろう?


パートナーとの関係性の築き方に
必要なもの

aska:ここまで、結婚という関係性の一つの形についてお話ししてきました。では、そこから本日のテーマ「パートナーシップ」について、より踏み込んでお話していきたいと思います。

今年、事実婚を発表されたはあちゅうさんは、Re.ingでインタビューさせていただいた際

「パートナーシップは、一緒に人生を歩んでいくことだと思っています。自立した個人が、お互いの人生を補完し合って、支え合ったり励まし合ったりしながら、よりよいものに向上できる関係。」

とお話されていました。

tomoya:パートナーシップと言うと、夫婦や恋人が想起しやすいですが、関係性はそれだけではないですよね。例えば、友達、ペット、仕事の仲間など、そういった関係性に強い絆を感じている方も多くいますよね。

Eペットや友情もパートナーシップに含むというのは、私にとって新しい視点でしたね。「パートナーシップ制度」と聞くと、日本の法制度で結婚を認められていない人がとる制度という認識があったので、従来認められているパートナーシップって、セクシャリティの異なる二人を指しているイメージがありました。

tomoya:「パートナーシップ制度」で言えば、その通りだと思いますが、「パートナー」は広義で捉えれば、それだけにとどまらず、様々な関係性に当てはまる言葉だと思います。

Fパートナーの条件として、精神的なつながりというのは一つあるかなと思います。僕は過去離婚を経験しているのですが、別れる時に思ったことが一つあります。夫婦というのは法律で結んでいる関係性なので、一方が拒否し続ければ、別れずに済むんです。ただ、一体この状況は何だろう?と思って。気持ちがなくても、家族で居られるという状況が不思議だなと感じたんですね。その時に精神的なつながりが大切だなと思いました。パートナーシップに関してはまだ、僕も模索中ですが、一緒に住むことができるというのは要素としてあるのかなと思います。ただ、何年も別居しているなどの事実が積み重なれば、法律的にも離婚と判断されることもあるみたいです。

tomoya:それは、すごく曖昧ですよね。誰の判断なんだろうと思いますね。

C:子供ができる前と、できた後でパートナーシップの形が変わると思っています。今の僕たちの関係性でいうと、共同事業の経営者という感覚がありますね。子供を育てることも事業だと思うんです。時間も労力も制約を一番課されるものですし。その資産をどう大きく育てていくのか、二人で考えているという感覚ですね。共同経営を解消するか?みたいな話もよくあります(笑)。

aska:D(Cさんのパートナー)さんも同じように考えられているんですか?

D:全く同じではないですね。一緒に子供を育てることに関しては、共同で経営しているという感覚は強いですが、パートナーシップは二人の関係性だけじゃなくて、子供も含めて全員で作っているという感じです。特に私は、離れた場所で暮らしている子供達もいるので、そちらも含めてどう経営していくかを考えています。

tomoya:僕は、共同経営者という感覚はまだなくて、お互いを思いやれる感情があるかどうかを大切に考えています。結婚したら、良くも悪くも一緒にいざるを得なくなりますよね。関係性は当人たちの話なのにわざわざ国に申告して、枷みたいになってしまう理由がわかりませんでした。

C:僕は、結婚は一時の気の迷いだと思いますよ(笑)。

natsuko:今の世の中でいう「結婚」は、固定観念が強すぎると思っていて。結婚したらこんな家庭を築いて、こんな感じでって、いろんなイメージが既に定着しているじゃないですか。そこには相手に対する期待とか、押し付けも多く存在しているような気がします。結婚しているからこうせねばならない、とか、こうあるべき、とか・・・。だからもしかしたら結婚していなければ、うまく関係性を築けるということもあるのかなと思うこともあります。例えば、関係性を続けていくかどうか、一年更新とかにするとか。

F:やめられないことって多いですよね。結婚制度を用意するなら、やめやすくする制度も大切だと思います。


ビジョンがあれば、
関係性はうまくいく…?!

natsuko:契約書があった方が、楽だと思いますよね(笑)。

C:うちは契約会議みたいなことはたまにあります(笑)。数ヶ月に一回、膝を突き合わせて、お互いを理解するために話す場がありますね。

natsuko:それでいうと、会社はとてもわかりやすいものだと思っています。そこには一つのミッションやビジョンがあるので目指す姿や、やる仕事が明確で、迷った時に戻れる軸があるのが楽だと思うんですよね。結婚する際にも、契約書があったほうがうまくいくよと色々な案件を見ていらっしゃる弁護士の方もおっしゃっていて、なるほどと思いました。危機に瀕しても、最初はこういうビジョンがあったよね、と話し合うことができれば上手くやっていけるんじゃないかと思います。

全員:それいいですね〜!

A:一緒のビジョンがあるってすごくいいかも。映画見に行くとか、ご飯を食べにいくとか、なんでもいいですが、何で一緒にいるのかが分かっていると気持ちいいのかもしれないな、と思いますね。

aska:最近読んだ記事で紹介されていた方は、結婚式の時に3年更新で契約書を作って、3年ごとに結婚式もプロポーズも行っているというお話をされていました。制度に入ってしまうと馴れ合いになってしまうということを解消したくて、今を一緒に幸せに生きられる相手なのかどうかを判断した上で契約を更新したいから、そういう形をとったようです。

A同じ考えじゃなくても、一緒にいられることが大切ですよね。これだけいろんな人がいて、いろんな考えがあってとなると相手に共感だけを求める時代ではなくなってきているのかなと。それこそ先ほどの一つのビジョンを持つというのは良いなと思いました。会社のように、いろんな国籍、年齢、経験の人を入れて、ただそれだけでは成り立たないので目指すところは一緒だよという感じで。

natsuko:壮大なミッションじゃなくても、今この瞬間を楽しめる関係性を築くとか、小さな共通の目指すものや価値観があると良いと思いますね。そこを話し合わずに結婚する人が多いんじゃないかな。


誰かを、「愛すること」とは

aska:結婚相手を決める時の拠り所って、「相手をいかに好きかどうか」とか「ずっとこの人を愛せるのか」という部分の人が多いのかなと思うんですね。私自身、ずっとそう考えてきましたし。だから、恋人的なドキドキや好きという気持ちがなくなってしまうと、別れるべきなのかと悩む一択になってしまう。

natsuko:あとは、愛というものの捉え方も人それぞれ違うなと思います。私は、ありのままを受け入れること、受容して肯定して相手を応援することが愛だと思っていましたが、例えば、犠牲を払うことが愛だという人もいますよね。

tomoya:犠牲を払うってどういうことですか?

natsuko:自分の時間を使ったり、お金を使ったり、何かを差し出すことですね。相手のために、どれだけ自分を差し出せるかっていうことなのかなと。

aska思いやり方も、愛し方も、本当にその人によって違いますよね。どんな価値観の中で生きてきたかにもよるのかなと。私は前のパートナーと一緒に住むかどうか考えていた時に、彼のおばあちゃんが体調を崩してしまったんです。その時、彼は「自分が支えなければならない」と考えていてずっと側にいるかどうかを悩んでいました。もともと「自分を犠牲にすること=家族を大切にすること」っていう考え方があり、自分の希望を押し込める場面も多々見ていて。一方、私は母から「どんなに離れていても何があっても、自分が自分らしく頑張っていることが家族にとっては1番嬉しいことだから」と言われて育ってきたので、その時彼に「自分の人生を生きることが、おばあちゃんも本当は嬉しいと思うよ」って言っちゃたんです。でもそれって私のエゴなんですね。自分の時間や労力を家族に尽くすことが彼なりの家族を大切にする方法だったから、頭では理解できても感覚が合わなかったんです。何度もこういう面があって、ずっと一緒に生きていくというのは難しいなっていう判断になっちゃって。皆さんは相手に何か求めていることってありますか?

F:僕は何も求めないかな。「何かをして欲しい」とは全然言わないです。

aska:どうしてその人と結婚しようと思ったの?

F:尊敬はありましたよ。女性の中には、男性に面倒を見て欲しいという発想の人も一定数いるじゃないですか。でも元奥さんは頭も良く、やりたいことも明確で、自分のことは自分でちゃんとやる人だったので素直に「一緒に生きていきたい」と思ったからかな。

tomoya:結婚の安心感で、愛することをサボってしまう気がするんですよ。自分があげた以上のものを求めすぎてしまうと相手に負担をかけてしまうし、期待しすぎるとお互い苦しくなってしまうなと思います。ある一定の期待はもちろん必要ですが。そこに結婚という法的な拘束があると、良くも悪くも別れられないから、「これだけ期待しても大丈夫だろう。」とかどこかで甘えすぎてしまうんじゃないかなと思います。危機感がある方が、相手のことを思い続けられるんじゃないかな。

F:結婚の安心感はすごいよね。家族って感じで。

C:僕にとっては、彼女(妻)は師匠なんです。「あなたのこと嫌い。」とよく言われるんですが、彼女の感情的には絶対に嫌いなんですよ。そういうことも踏まえて、自分の自己鍛錬の修行の場なんですよね。怠けてると、よく喝を入れられてます。

A:私も前の彼氏と7年間お付き合いして、うち5年は同棲をしていたんです。結婚はしていないけど、「お互い愛し合うことが当たり前でしょ。」という感じになってしまって。立ち返って考えてみたんですが、当たり前じゃないなと思ったんです。あなたは私のことを好きであることが当たり前という雰囲気がとても嫌でした。先ほどFさんが、一緒に住むことができることがパートナーシップと仰っていましたが、それでいうと私は誰とも住みたくないです。ちゃんと自分の空間、時間を確保した上で、一緒に楽しめる関係性が良いなと思います。


好きじゃなくても、
パートナーシップは成り立つのか?

aska:Cさん、Dさんはお互いに関して「好き」という気持ち、愛情はあるんでしょうか?

C:僕にとっての1番の感情は、好奇心なんですよね。彼女自身が、好奇心の対象。一緒にいて面白いというか。

D:好きとか、愛してるとかはないですね。私にとっては「一緒にいたいかどうか」で見ています。

C:好きかどうかはあまり考えないです。むしろ、「浮気しないの?」とか言ったりします。

aska:それは、お互い許しているんですか?

D:それはその時になってみないとよくわからないことだし、そういうことがあればそういうことだしみたいな感覚ですね。

C:そこをあまり詮索したりはしないですね。大事なのは自分たちの事業(子育て)がちゃんと成立しているかどうか。お互いに大切にしたいところがちゃんと守れているかどうかがが大事ですね。それ以外のことは好きにしたらと思います。所有物ではないし。

aska:前回のイベントでは、みんなの「好き」の傾向をお話したんです。「好き」にもいろいろあって、例えばアロマンティックという恋愛感情を持たない人、デミロマンティックという長く一緒にいないと恋愛感情が湧いてこない人など、様々な性質があるんですよね。私自身は、デミロマンティックの傾向があるんですけど。長く一緒にいてとにかく楽しい人、楽な人、刺激をくれる人って色々いるじゃないですか。正直どれが1番ってないのかなと。最近相手が特定のひとりではなく、いろんな人とパートナーシップを作ることが自分にとって一番心地よい状態かもしれないなと考えてしまったりもします。

C僕にとっては恋愛感情のドキドキって半年〜一年で消滅する感覚です。だから、そこを軸して一緒にいようとするとその期間しか一緒に居られないんですよね。

aska:私は、パートナーシップは一緒に人生を作っていく誰かとの繋がりだと思っています。そう考えると、恋愛や結婚という形だけでなく、友情やペットとの関係性など、多様なパートナーシップの形がいろんな場で考えられるようになって「そんなに既存の形に縛られなくて良いんだな」と視点も広がるのかなと思います。

E:私の両親は、家庭内別居のような形で、家にいるけど会話しているのをみたことがない状況で育ったんです。それが私の中で当たり前だったんですが、今日いろんな人のパートナーシップのあり方をお聞きして、自分がどのようにパートナーシップを築いていったら良いのかなということを考えさせてもらえるきっかけになりました。先行して発信してくださる方がいると、そういう生き方もあるんだなと、知れる時代になったんだなと感動しました。

aska:関係性の築き方って、かなりパーソナルな話だから一般論にまとめられがちなんですけど、本当に100人100通りだと思うんです。正解なんてないから、自分たちが1番、自分たちらしくいれる形が本来パートナーシップにあるべき姿なのかなと。皆でこうやって、いろんな考え方を話せるとたくさん発見があるので今後もゆるく続けていきたいなと思っています。

-----------------------

今回は、結婚を主なテーマとして色々なパートナーシップについての考え方をお話する場になりました。ほんの10人で話をしても、皆全く考え方も違うな〜!というのが今回の気づき。

今後もRe.ingでは、交流イベントを定期的に開催していく予定です。「パートナーシップって何だろう?」「誰かと生きていくってどういうことだろう?」ということを一緒に考えたり、共有する場をつくっていきたいと考えています。メンバー一同、皆さんとお話できることを楽しみにしていますので、気軽に遊びにきてくださいね。

*Twitter、Instagram、Facebookでは、イベントや新しいプロダクトについてなど、最新情報をお届けしています。よろしければ是非followerになってください♩


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

最大限の愛を!
8

REING[リング]

THE RELATIONSHIP BRAND - REING -[リング]自分の意思で選ぶ関係性が、自分らしさを紡ぐから。多様な関係性のあり方を問い続ける。→REINGのこと/多様な関係性のかたち/パートナーと生きること/ について発信しています!

Re.ingイベントレポート

Re.ingのイベントレポートを更新していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。