強い人になりたい、でも「強さ」って一体何なんだろうという話

最近、人に会う度に、人の言動や思想に触れる度に、「あ、この人強いな」と心の中でふと思うことがよくあります。

でも、その「強い」は自分の感性でしかなく、その正体や定義が何のか、改めて考えてみるとよく分からなくなります。

結果を出している、活躍していることなのか、結果が出せずに苦しくても頑張ることなのか、人に見せない努力を重ねることなのか、全く弱みを見せないことなのか、辛いことがあっても、苦しみながらも、笑って前を向けることなのか、辛いことや苦しいことから逃げられることなのか、自分の考え方を強く持っていることなのか、常に人のことを気遣って優しく接っせられることなのか、「仕方ないな」と笑いながら、いつも助けてくれる、優しさと心の広さを持っていることなのか、リーダシップを持ってみんなを導いてくれることなのか・・・

数年ぶりに、東日本大震災の被災地を訪れて、そこで起きた悲しい事を伝えようとする人、活動を感じました。時間が経っても悲しみや痛みは、完全には消える事はおそらく無い、にも関わらず。身内に被害の無かった、いわゆる「当事者」ではない自分がこんな事を書いていいのかすら分からないですし、怖さすらありますが、そう感じました。

ここ最近、色々な人と会ってふと話す度に自分も強くありたいと思うと同時に、そもそも、強さってなんなんだろうってふと考える週末の夜でした。

#エッセイ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

れい

日々を綴る

日常に起きたこと、感じていること、考えていることを綴ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。