偶然には不思議な力が宿っている PERFECT VIEW FROM THE WINDOW 03

(English below)

はじまり、はじまり。

そろそろあの島のお話をはじめよう。

 2012年、5ヶ月の旅に出た。行き先をぜんぶ決めていた訳ではない。旅に出た理由をはっきり答えるのも難しい。

ただ、2011年の震災の後、落ち着いて日本にいることを難しく感じていたのは大きな理由のひとつだったと思う。

 作品を作るということ、(写真を自由にとるという、ぜいたくな時間を過すこと。作品を作るといっても、まさかこうして物語を書くことになるとは思ってもみなかったけれど。)昔行った場所にいくつか再訪すること、2012年の秋分の日をマヤのピラミッドで過すこと、なんとなく決めていたのは、それぐらい。

 多くの旅人がそうであるように、どこへ運ばれていくのか風まかせ。人に出会い、優しくされて、愛を学び、地球を学ぶ。おおまかにいうと、そんなかんじ。

 そもそもどうして自分は旅に出るのか、いつも、理由がわかっているわけではない。

 気がつくと「なにか」に呼ばれている。「なにか」の輪郭は、いつも変わり続け一定のものではない。そういう「なにか」。

 生きているってことの輪郭を、いつもよりはっきり感じることが「旅」すること。瞬間を捕まえて飛ぶ。写真を撮るのも同じこと。瞬間を捕まえて、想像力で飛ぶ。生きているってこと。そうやって気がつくと、どこか、今まで想像もしていなかったようなところにたどり着いている。

 名前のない島に出会ったのも、そんな偶然の導きのひとつ。偶然には不思議な力が宿っている。その不思議な力を引きずりだすことが、旅の最も大きな喜びでもあり、目的でもある。

 生きている、不思議な力。
 光を放つ、それらを追いかけて捕まえる。
 シャッターを切る。
 生きているって、音がする。

 誰に出会うのか?
 どこへ行くのか?
 どの飛行機に乗るのか?

 すべては自分を鏡のように映し出してくれる。

自分でしっかり選んでいるようでいて、なにか大きなものに導かれ、選ばされているような、不思議な感覚。
 
 日常では隠され(都会の生活の中では、本来の自分を隠しながら生きている人が大半ではないか?)見えなくなってしまった自分の輪郭を、もう一度知ること。
 
 何度でも知ること。
 世界の輪郭を掴みなおすこと。
 新しい自分と再会すること。

 「不思議な力」という特別なものはなく、世界はもともと不思議で満ちあふれているのだと思い出すことなのかもしれない。

 誰かが言っていた「世界とはこういうものなんです」という前提を軽々と乗り越える魔法。
 
 「あたりまえ」の中から「奇跡」を選びとる錬金術。

Okay, let’s start the story!

When I set off 5 month journey in 2012, I didn’t have plans that much.       It’s difficult to tell why I decided to go on the road…The only thing I knew was, after 311 Fukushima in 2011, I needed to have some space from daily life in Japan.

To create something… (To take photos on the road freely… treat my self as an artist, I didn’t imagine to write some kind of novel like this though)

To revisit somewhere I’ve been in 2000.

To spend autumn equinox in 2012 at the Mayan pyramid… these are rough plans for me when I set myself on the road.

Like many travelers, the wind take me to somewhere.

I just heard the voice in the wind.

Meeting kind people and learning love on the road.
Knowing the truth of the Earth.
Roughly speaking, these are the reasons why being on the road.
Saying that, I just can’t always tell the reason why I set off a journey.

Something, Someone, is calling me.

“It” is keep changing.  Never forms one thing.

“It” is calling me.

I could've felt and sense the silhouette of myself on the road rather than dailylife in Japan.

To live in a moment of eternity. 

Catching the moment and fly with imagination, then I arrive somewhere I’ve never imagined. This is how to live on the road like a bird.

Chance encounter leads my way to no name island.

Be blessed by chance.

To know and draw out the magic of “it” … it's a hidden pleasure of being on the road.

Living forth of “it”

Following the light, and catching the miracles.

Releasing the shutter made my sound of the life.

Who am I going to meet?
Where am I going to go?
Which airplane do I take?

These are the mirrors of myself.

I choose “it”, but also Greater something leads my way to make me choose ”it”…that's mystery of “it”.

Get out from the city life and to know hidden “me” again. ( I was one of those who hide and forget true myself in the city.)
Knowing a true self again and again.

Catching the light and sketching the ever changing silhouette of the world again.

Reunite with new “me”.

It’s not special to encounter the magic on the road because the world is originally full of mysterious power.
What we need to remember is how to catch the miracles.

Someone might have told you that “ this is the world ” kind of premise, but you just need to  jump over the limitations with the magic on the road.

The alchemy of finding the miracles of ordinary life on the road.

(つづく 04 へ to be continued )

english version http://relaxmaxontheroad.com/#perfect-view-from-the-window-en




このノートが参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

relaxmax

Perfect View from the Window

新月あたり更新の連載小説/なんにもないけどぜんぶある/カリブのどこか名前のない島/おとぎ話のようなドキュメンタリー/ 写真絵本バージョンはこちら http://relaxmaxontheroad.com/gallery/perfect-view-from-the-window/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。