誰かに出会わなければ、出会うことのなかった景色もある                              Chance encounter lead my way            Perfect view from the window - なんにもないけど、ぜんぶある  00


白日夢のような本当にあったお話。

A TRUE STORY like in a daydream.  written by relaxmax  IKUE UYAMA  

photographer, dream reader as  story teller  (automatic writer)

写真家 、物語を語る夢読み(小説家)


10代の頃からの夢は小説家になることだった。この本を1週間で一気に書き上げたことによって、その夢が叶ったことになる。

願い事の叶う世界に生きること!

My dream is to be a story teller since I was a teennager. 
My dream came true, when I finish writing this story in a week.

We live in the world of full of Miracles!

23歳の春、読んでいた村上春樹の小説「スプートニクの恋人」のすみれのようにケルアックは読んでいたけれど、一度も小説を書き上げたことはなかった。そのまま情熱は写真へとうつっていった。

When I was 23, reading Kerouac like SUMIRE (from "Sputnik Sweetheart" by Haruki Murakami), but I never finish writing a novel.  My passion went on to photography.

写真との出会いはモロッコの青空の下旅をしていた時。
これから写真を撮っていくんだ!って突然思い立ちそこからいろんな国を旅しては写真を撮っている。

"relaxmax"という名前は、モロッコのサハラ沙漠で出会ったこどもたちの言葉から。「ここは静かだ、、、relaxmax」

I decided to be a photographer under the blue sky of Morocco in 2001. Since then I have traveled a lot and shoot some nice pictures.

My name "relaxmax" is from the word children told me on a full moon night at Sahara dessert, 

”It’s tranquil here ... relaxmax.”


青空がいつも自分を導いてくれている気がする。

Blue sky always lead me somewhere beautiful.

あの窓に出会ったのも、完璧に晴れた日。

It was a perfect sunny day when I met “the window”.

何にも予定がないまっさらな一日のはじまり。

A brand new day with no plan has just begun.


一服しながらハンモックに揺られてぼんやり海を眺めていると
誰か他のお客さんを迎えにきたガイドの人が話しかけてきた。

Smoking on a hammock, looking at the blue horizontal line,

the guide  talked to me (he came for his guest).

 “Come with us!”, they were on the way to go fishing, and I just took his invitation.

彼らはこれから釣りに行くという。一緒にくる?という誘いになんとなくのってみた。

どこに行くのかも知らず、流れに乗ってボートは進む。
見渡す限りの水平線と、鳥たちの楽園。

No idea where we were heading, I was just following the flow.

Something was calling me.

“It” led my way to Noname island.

ある種の場所には、導かれるように連れて行かれることになる。

あの窓のある、名前のない島も
あの日、彼に出会わなければ、存在することも知らなかった楽園。

I never find “the window”, nor “Noname island”, If I haven’t met the guy on that day...!  

The magical encounter took me to the paradise.

旅先の偶然の出会いには、不思議な引力がある。

Chance encounters on the road have mysterious attraction.


彼らも、いつかどこか、前世でも出会っていた人たちなのかもしれない。

I might have seen them before... sometime somewhere in our previous lives.

そんなおとぎ話のようなカリブに浮かぶ名前のない島のある日の出来事。 わたしたちの人生が交差した一瞬。

Like a fairy tale,

it’s a true story of one day in a life on Noname island. 

A moment that our life paths have crossed.

現在進行 のストーリーを今作っている=それが生きるっていうこと!

I'm writing a "Ongoing story" here and now = THIS IS MY LIFE!

なんにもないけど、ぜんぶある。

There is nothing, but everything is here.


”PERFECT VIEW FROM THE WINDOW” in Japanese

English version

写真のお話はこれまでも上記サイトで読んでいただけます。実は小説バージョンも存在します。その小説をここnoteで連載していこうと思います。

Photo book version in links above.
I will update new story around EVERY NEW MOON DAY. 

(I already finished writing in Japanese in 2017, now I try my best to write in English...it’s a ongoing project.)

写真絵本はリンクにあります。小説ver は毎月新月あたり更新予定 :) (日本語では2017年に書き上げており、いま英語ver.を連載に合わせて書いています。現在進行中のトライアル!) 

Here are the titles of the chapters.  章ごとのタイトルはこんな感じ。

00 誰かに出会わなければ、出会うことのなかった景色もある。               
Chance encounter has the mysterious attraction.   


01 なんにもないけど ぜんぶある                 
There is nothing but everything is here.

  
02 ここではないどこかへ、想像力で飛ぶこと。
Limitless imagination will set you free. 


03 偶然には不思議な力が宿っている。 
Blessed by chance. 


04「GO SLOW (ゆっくりいこう)」  


05 しっかりと風を読んで、飛ぶ。          
Reading the wind, not to be blown away. 


06 まっさらな一日、なにかがはじまる音がする。                                  
I heard something in the air.


07 大きな海のどこか、小さな島の、ちっぽけな自分。                                     LITTLE GIRL on a LITLLE island somewhere in BIG ocean.


08 何気なくシャッターを切る  I released the shutter innocently.


09 今できることを、今ここでする、シンプルな真実。
"Do it now, Do it here and now.” 


10 ハンモックにうってつけの日     A perfect day for a hammock. 


11 世界の中心で愛を叫ぶ     Shouted love at the heart of the world.


12 ほんとうのことで、すべてができている。
Everything made of the real thing. 


13 自分を愛し理解してくれる人は、いつもこの世界のどこかに必ずいる。Someone always be there for you. 

14 そこにはいつも、愛がある。私たち、地球人へのメッセージ    There always be LOVE. It's a reminder for us " Earthian”


15 毎瞬がうつくしく、次にやってくる瞬間も、またうつくしい。   Every moment is beautiful, the moment after the moment is also.     

 16 ほんとうにあったことなのかな?        Was it real? 

17 宇宙からみれば、人はすべて星のようなもの。 

From the universe, We are all like stars.


18 時間は伸び縮みするものだと、夕陽をみていると思い出す。
When I'm watching the sunset, I remember the time is elastic, never be the same.

つづく…to be continued.



この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14

Perfect View from the Window

新月更新の連載小説/なんにもないけどぜんぶある/カリブのどこか名前のない島/おとぎ話のようなドキュメンタリー/ 写真絵本バージョンはこちら http://relaxmaxontheroad.com/gallery/perfect-view-from-the-window/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。