しっかりと風を読んで、飛ぶ。           Reading the wind, not to be blown away.                                          Perfect View from the Window 05

(English below)

雨期が終わろうとしていたキー島には、まだハイシーズンほどの観光客もおらず人はまばら。

It was the end of the rainy season in “CYAE”, not too busy before tourists start to come.

潮風に消えていってしまいそうな色あいの、パステルカラーの街並みをぶらつき、とくになにもしない一日を愛でる。

誰にも干渉されない居心地のよい時間の過ぎ方が気に入って、毎日とくにあてもなく散歩した。

Walk along the faded pastel town in the breeze on a cloudy day and do nothing.

Nobody interfered me, the time just went by.
I just wondered aimlessly...everyday life on the southern island.

朝日は島の右手からのぼり
The sun rises from the right side of the island.

  夕陽は島の左手からしずんでいく。

The sun sets from the left side of the island.

島の東西(左右)は3、4ブロックほど、なんなら東の端から西の端まで見渡すこともできそうだ。

Only 3 or 4 blocks between the west end and the east end.
I could almost see the edge from opposite.

朝、鳥の声とともに起きる。

Wake up to the sound of the birds in the morning.


うつくしい一日の始まりを太陽とともに愛でて、今日の夕陽はどこでみようかな?と考えるような日々。


Starting the day with bright sunrise and thinking about where I go for catching the sunset.
Easy yet simple days.

見たたこともないような大きなくちばしの鳥が、風をつかまえて飛んでゆく。流されているようで、流されないよう、しっかりと風を読んで、飛ぶ。

The bird with big beak I’ve never seen before fly over and catch the wind.
Reading the wind, not to be blown away.

曇りの日は、そのニュートラルな色合いのなかさらにゆっくりと進む時間を、晴れたら晴れたで、ここぞとばかり海と空のあおの青さを楽しんだ。

The time seemed to be getting slower on a cloudy day in a neutral colour.
When it’s sunny, the only thing we had to do was enjoying the PERFECT BLUE of the sea and the sky.

(つづく 06 へ to be continued )

小説版 PERFECT VIEW FROM THE WINDOW (novel version)
written (in Japanese 2017, in English ongoing project ) by relaxmax
photo by relaxmax

写真絵本(にほんご)Perfect View from the window (JP)

English version

写真集のご購入はこちら



この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

Perfect View from the Window

新月あたり更新の連載小説/なんにもないけどぜんぶある/カリブのどこか名前のない島/おとぎ話のようなドキュメンタリー/ 写真絵本バージョンはこちら http://relaxmaxontheroad.com/gallery/perfect-view-from-the-window/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。