ここではないどこかへ、想像力で飛ぶこと。   PERFECT VIEW FROM THE WINDOW02

(English below)

 2012年、マヤのカレンダーが終わる年(そして新しいサイクルが始まる年)マヤの国(メキシコ、グァテマラ、ベリーズ)をめぐる五ヶ月の旅に出た。(ここでは語られない、たくさんの別のお話がある。それはまた別の機会に。) 

 In 2012, when the Mayan calendar ends ( and starts new cycle), I went on a 5 month long journey about Mayan countries. (Mexico, Guatemala, and Belize …there are many stories untold in this book, I’ll tell you some other time…)

 長い旅から帰り写真を整理していた時に、あの窓の写真に再び出会うことになる。

 絵に描いたような、楽園の窓。

 When I was sorting my photos for exhibition, I found the window again from thousands. Low of Attraction.

The perfect window in picturesque paradise. 

 写真を撮った自分が見ていても、なんだか夢みたい。時間がたつと現実感は薄れていってしまう。

 本当にこんな場所にいたのかな?

 あの島にいた時間と、
 この日常の、今、この瞬間は、
 本当にひとつの地続きのものなのかな?

 確信がもてなくなってくる。

It feels like in a dream, I’m sure I took this photo, yet, the reality fades away as time goes by.

Was I really here? In front of this perfect window?
The time I was on the no name island and
The time I have “here” and “now” in daily life
are really one thing? I start to lose my confidence.


 そんな時、おじいさんがくれた貝殻を見る。

「本当にあったお話だよ」貝殻はそう答えてくれる。

Did it really happen to my life?  
When this self question comes up, I always see the shell the old man gave me.

“Yes, it’s true!”  The shell answers.

  この写真どこで撮ったの?そう聞かれて答えることができたのは
「偶然たどりついたから、どこにあるのかわからない。名前のない島。カリブのどこかにあるはず。地図で探そうとしても見当たらないの」
せいぜいこれぐらい。

People often asked me “ Where did you take this photo?”
“ah.. I don’t really know where it was. I don’t even know the name of the island.
It’s somewhere in the Caribbean sea Sea. I couldn’t find it on google map.”… this is I could only answer.

 本当に大事なことはこぼれ落ちてしまい、貝殻についても、島に一人暮らすおじいさんについても、誰かにちゃんと話すチャンスはなかった。

The most important thing is falling down if I try to talk about it.
I didn’t have a chance to tell the truth … the story about the shell and the man lives alone on no name island.

 大切なものほど、ゆっくり時間をかけて熟成するのかもしれない。そうやって、自分でも気づいていなかったような小さな魔法の種が、いつしか芽をだし、奇跡の用意をはじめる。

It needed time to grow… slow aging just like wine.
Just like magic seeds in us. It’s sprout to spread the miracles.

 そういったミラクルは、いつも現実のすぐ側にあったりする。想像力の、ほんの少し外側にたくさんの魔法がある。

There is always magic… around the reality just a little bit outside of the imagination.

 ついに、時はきた。

 こぼれおちてしまっていた大切なものを、ひろいあつめて言葉を紡いで、この本にも魔法をかけることにしよう。

 白日夢を通して世界を旅すること。

 窓の写真をたよりに、

 あるいはこの物語を通して、

 ビルの海の真ん中で、都会に暮らす人々は夢をみはじめる。

Now is the time.
I will gather fallen truth as time goes by, and weave words into a magical book.

To travel through the daydream.
With the photo of perfect window,
Or reading this book
People in the sea of buildings start to dream of the no name island.


 あの窓は、いったいどこにあるんだろう?
 カリブ海のどこかの島って、そもそもその国はどこにあるんだろう?(国名をきいても、すぐにはピンとこない人がほとんどだ。)

“Where is the window?
Which country? ( haven’t heard of it) Somewhere on Caribbean sea? “

 夢と現実の境界線は、海と空のように曖昧だ。
 

 どちらがどちらの色を映しているのか、誰も教えてくれない。

 もともとひとつだったのか?

 区切ることさえあまり意味のないことに思えてくる。

The border of the dream and reality is ambiguous like the sea and sky.
None knows which reflects which.
The sea reflects the color of the sky … or the opposite?
Is it one thing?
Meaningless to divide the border.

 そういった境界線に、不思議な力が存在する。

  どこか、別の世界への入り口。
  ここではないどこかへ、想像力で飛ぶこと。

There is a magical power between the sea and sky.
Limitless imagination will set you free.
To somewhere we’ve never imagined to arrive.
The gate to the other world.
To fly with our imaginations.

 飛べる!そう信じて飛ぶ。

 海と空のあいだ。
 現と夢のあいだ。
 夜と朝のあいだに。

YES,
WE CAN FLY!
BELIEVING THE MIRACLES.
SET YOU FREE.

FLY to Somewhere between
the sky and the sea,
the dream and reality,
the night and the day.

 夜明けを告げる鳥たち。
 魔法のかかった時間。

 楽園の地球の夢の中、すべてが癒され目が覚める。
 毎日、昨日よりも幸せな一日が始まる。

 今、ここがパラダイスだと思い出すこと。

The Bird flies into the dawn.
Magic hour has just begun.
In the dream of the Paradise Earth,
All wounds are healed.
Awake your soul.

The new day is born.
Each day is better than yesterday.

To remember that it’s miracle to be HERE AND NOW.

(つづく 03 へ to be continued )

小説版 PERFECT VIEW FROM THE WINDOW  (novel version)
written (in Japanese, in English) by relaxmax   photos by relaxmax

写真絵本(にほんご)Perfect View from the window (JP)

English photobook



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

relaxmax

Perfect View from the Window

新月あたり更新の連載小説/なんにもないけどぜんぶある/カリブのどこか名前のない島/おとぎ話のようなドキュメンタリー/ 写真絵本バージョンはこちら http://relaxmaxontheroad.com/gallery/perfect-view-from-the-window/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。