Yuya Furusato

INSIGHT代表 兼 株式会社rootパートナー。サービス開発に特化したデザインファームでUXデザインを担当しています。

Material Theme Editorを使ってみた

今回のGoogle I/O 2018では、Material Designの大幅なアップデートが紹介されていました。

Material Designのメリットは、レスポンシブを考慮したレイアウトやコンポーネントを設計しているので、様々なデバイスで使用しても破錠しない点です。

一方デメリットとしては、完全にガイドラインに合わせてデザインすると、代わり映えのないビジュアルになってしまい、差別化が難し

もっとみる

2017年、デザインガイドラインについて考える。

株式会社rootのUIデザイナー 古里祐哉です(@remmyfurusato)。

rootでは、サービスの立ち上げやリニューアルに伴う、UI/UXデザインをご支援しています。

さて、今年を振り返えると「デザインガイドラインに注力した」年でした。デザインガイドラインを必要とされるクライアント様には共通点があります。

・レイアウトパターンやパーツの使い方が定義されていないで、設計者やエンジニアが

もっとみる