見出し画像

午後9時。

午後9時。タウンホール駅のホーム。
俺はシティで開催中のシドニー日本映画祭を訪れ、夕食をとってから帰宅の途についていた。映画は面白かったが、夕食はさんざんだった。金を支払って不味いものを食べたのは久しぶりだった。それが日本人経営のジャパレスだったからなおのこと。あんなに不味い天ぷらなんかあり得ない。あまりにも不味いので、口から何度か良くない言葉がこぼれてしまった。

そんなこともあって、折角のいい気分が激落ちした状態でチャツウッド方面に向かう電車を待っていた。
壁にもたれている俺の左となり、30センチくらいの距離のところにカップルがやってきた。ワーホリだろうと思われる日本人の若い男女。
素足にローファーのちょっとスカシめの背の高い男はめっちゃデカイ声でしゃべる。女の方はちょっとへちゃっと膝をクネクネしながら語尾を長めの喋り方。日本語だ。俺、真横にいるんだけど気にならないのか、日本人と思ってないのか。

話の内容はこう。
どうやら女は豪州に来たばかり。男もシドニー在住はそんなにに長くないのだけれど、どういうところに住めばいいかを女が男に質問し、男がいい格好しいで伝授してあげようというわけだ。
男によると英語ができればチャイナタウンがおすすめらしい。その理由は俺にはわからない。英語ができると中国人と仲良くなってキッレキレのチャイナドレスを着させられるとか、漁船に乗っけてもらって日本領海までアカ珊瑚獲りに連れて行ってもらえるとか、なにか特典があるのだろう。そこは詳しく触れられていない。

女が英語はしゃべれないと言うと、それでは手本を聞かせようとばかりに、男は一人で架空の電話英会話を始めた。地声がデカイばかりか、かすれて高い。キング・オブ・コメディの片っ方のようだといえば分かりやすいのかわかりにくいのか。

男の英語はハローからはじまり名を名乗る。
どうやらシェアメート募集の広告をみて電話しているという設定のようで、電話の相手は日本人ではない広告主である。

男の口からは割とスムースに言葉が出てくるが、そこで紡がれる英語の文章は語順がユニークだったり、時制がユニークだったり、前置詞や冠詞がユニークだったり、発音がユニークだったりでなかなか興味深い。だが基本的にそんなことは問題ではない。通じればなんだっていいのだ。ただ周囲にオージーも大勢いるというのにこのユニークな一人小芝居、彼の勇気をたたえたい。(そして彼だけを見て「日本人」を定義してしまうことがないように祈りたい。)

会話?は進む。どこの国の人がすんでいるのかとか、何人でシェアしているのかとか質問するのだが、どうやら架空の電話の相手も返答をしている設定のようで、彼はオーイエイ 、オ~イエイ、と微妙にイントネーションを変えながら相づちを打つのだ。この男恐るべし、である。小芝居はどんどんエスカレートしていき、俺はてんぷらが不味かったことなど既にどうでもよくなって男のパフォーマンスに惹かれていくのだ。

真横にいる俺は男の姿を見るために首を90度曲げることはできない。「聞いている」ことを気付かせるわけにはいかないのである。こんなにおもろいまたとない機会をそんなことで止められてはかなわない。俺は正面を向いたまま、黒眼を左の目尻を突き破るかもしれないくらいに左に寄せて男女の様子を観察した。実際目尻も伸びたろう。

いや、冷静になって客観的に見てみれば、その不思議なカップルはもとより、俺の方も目力めっちゃイカツイほぼ白目のおっさんの電車待ちである。もし俺の顔がカメラで撮影されてたらそれはそれで怪奇であろう。

さて話を男に戻そう。そろそろ会話も佳境に入る。自分はその部屋をいつ見に行けるのだろうかと、男が広告主に質問をした。そうしておいて、フーフン、アーハンなんつって余裕で答えを聞いている。いや、正確には聞いている小芝居を続けている。何度も言うが、これは公共の駅のホームでの妄想一人芝居なのだ。

ここで男が発した言葉は、今年に俺の鼓膜を揺らした言葉の中で一番衝撃的だった。吉本新喜劇だったらホームにいる人全員が一人残らずずっこけなくちゃいけない場面である。実際俺の右足はちょっとズルってなっちゃった。

「I can't go. I have job.」

おい男!小芝居、設定細かすぎ!!!!

文法云々はこの際無視し、とにかく言いたいことは、「仕事があるから(広告主が提案した日時には)いけない。」ということである(ちなみにcan'tはアメリカ風発音)。

しかしよく考えてほしい。これは単にシェアルームへのアポイントをとる電話の会話例のはずである。日時を聞いたら納得して電話を切りゃあいいじゃねえか。お前のバイトの日なんてしらねえよ。そんなさじ加減いらねえんだよ。小芝居、どこまで続くんだよ。くどいようだが、実際に電話してるわけじゃなく、男が一人で妄想でしゃべってるだけなのだ。

「天才か…」
俺の脳裏にそんな言葉が浮かんできたとき、ホームに電車が入ってきた。もちろん俺はその男女の真後ろに席を取るつもりだった。しかし神のいたずらか、生憎それはかなわず…

「すべらない話」でも通用する話じゃないかと強く思った。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

英語圏で日本の書を紹介しています。生きるというのは難しいことですね。 https://renclub.amebaownd.com https://www.youtube.com/user/renclub https://www.instagram.com/renyano/

嬉しいです。どうもありがとうございます。
4

Ren Yano

シドニー在住の書家の仁(れん)です。アーティストとして豪州の永住権取得。作品「ふるさと」は日本の国有財産としてキャンベラの日本大使館収蔵。ハリウッド映画ウルヴァリン制作に書家として参加。

ちょっとした小話風

小話的な話をまとめます
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。