「コツコツ投資」で資産形成はできるか?!(2018年10月)


投資信託をコツコツと継続して買い続けて、資産形成はできるか?

私はこの投資信託への「コツコツ投資」は2003年6月頃から始めた(たぶん15年!)のですが、記録を細かくつけ始めたのが2006年4月以降です。記録をつけ始めてからの軌跡が次のグラフになります。

おかげさまで投資した元本の総額に対して時価評価(税前)は1.84倍(前月末2.02倍、前年同期 1.90倍)になっています。前月末過去最高の評価額となりましたが、一転金額ベースで過去最大の評価減となりました。

2006年4月末の投資元本を100とすると、2018年10月末の時価は1,964(前月末:2,157)に達しています。

ということからすると、資産形成できていると評価して良いと感じています。なお、ポートフォリオの99%以上を投資信託が占めています。

ただ、このポートフォリオは値動きが大きい株式が大半を占めているので株価が下落すると大きく毀損されます。そういうリスクを抱えています。そのリスクを今月の評価減で実感しました。しかし、こういうこともあるよね、と最初から受け入れてのものですから、特別な驚きはありませんでした。評価減の金額を見ても、ポートフォリオのサイズを考えればそうなるよね、といった塩梅です。

投資信託の交付目論見書っぽく、直近5年(2013年11月末から2018年10月末)にフォーカスしてグラフをつくってみました。

マイナスになったのが12回となっています。データは60個ですから2割がマイナスということですね。2016年12月から22ヶ月連続でプラスリターンとなっていましたが、連続記録は終了。2018年10月はマイナスに転じました。

年間収益率です。

今年は前月末で +4.3% となっていたのですが、こちらも逆さまに。年初来でマイナスとなりました。7年連続で続いているプラスでしたが、連続が途切れてしまうのか、残り2ヶ月です。

保有しているファンドの (基準価額÷個別元本) − 1 を計算してみました。

時価が投資元本の2倍以上になっているファンドは2本です。

ファンド毎の評価益(金額)の推移はこんな風になっています。

より詳しい内容にご興味ある方は下記のページをご覧になってください。

http://renny.jugem.jp/?cid=18




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「寄付」も「投資」だと考えるようになりました。サポート頂いた際は、「寄付」の後「その先」を自分なりに観て、「寄付」したいと思います。

他のノートもよろしくお願いします!
5

renny

「コツコツ投資」で資産形成はできるか?!

投資信託をコツコツ継続して買っていく、保有していくことで、資産形成ができるか、その道のりを実際の例を用いて確認してみましょう。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。